メイン画像

サスケ

  •  (0)

バリ島の世界遺産・スバックを分かりやすく紹介。

2016年1月21日


スバックとは

2000年も続いているバリ島伝統の水利システム(水田への水の割り当て)又は水利システムを運営や管理する組合のこと。

スバックの歴史

スバックという水利システムが初めて形成されたのは2世紀頃(1900年前)だと言われています。2世紀頃にバリ島へヒンドゥー教を伝えた高僧マルカンデヤがヒンドゥー教だけではなく哲学、天文学、建築学そしてスバック(農業)も伝授したのがスバックの始まりだと言われています。

スバックが世界遺産に登録された理由

スバックは2012年にユネスコの(国連の教育・科学・文化機関)世界遺産に認定されました。 この世界遺産の正式名称は「バリ州文化的景観:トリヒタカラナの哲学を表現したスバックシステム」です。

バリ島は山地が多い為水田は棚田になっていて、全部の水田に水が行きとどく為にはお隣さんと分け合う、譲り合うという心が必要です。バリ島のスバック(水利システム)はそういった精神で成り立っています。科学肥料を使わない、牛や水牛で耕す自然農法。スバックの寺院もあって、神様や豊穣の女神への感謝の気持ちとして毎日お祈りとお供えを物を捧げます。こういった精神に基ずいた2000年続いているバリ島のスバックがユネスコに認められ世界遺産に認定されました。

世界遺産に登録された4つのものとは

バリ島の水の源であるバトゥール湖にある、ウルンダヌ・バトゥール寺院

バリ島最大の水利システムを管理していた、タマン・アユン寺院

バリ島最古のスバックと関連する寺院、パクリサン川沿いの8つの寺院

  1. マグニン寺院
  2. パグリンガン寺院
  3. ティルタエンプル寺院
  4. ゴアガジャ寺院
  5. グヌンカウィ遺跡
  6. テガルリンガ遺跡
  7. チャンディ・クロボカン遺跡
  8. パングクール・ウクール寺院

バリ島最古のスバック景観、バトゥカル周辺とジャティルウィ

googleマップでみるバリ島の世界遺産

バリ島の心に触れるツアー、バリ倶楽部のホームページへ

バリ倶楽部の「スバックを知る!世界遺産ツアー」へ。

書き手

  • サスケ
  • キコ
  • アサミ

アーカイブ

写真

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

前日5時まで予約OK!お急ぎの方はこちら

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メール・SNSから

  • mail
  • @LINE
  • messenger

写真

前日5時まで
予約受付!

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger

mail magazine

10日おきにお届け!
無料メルマガ購読フォーム

過去のメルマガはこちら

おすすめ

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

バリ倶楽部

ご予約・お問い合わせ

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

ご希望日の前日5時以降は直接お電話下さい。

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メールでのご質問・ご予約はこちら

SNSからもお問い合わせ

  • @LINE
  • messenger

ご希望日の前日5時以降は
直接お電話下さい。

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger