メイン画像

サスケ

  •  (8)

「アグン山火山活動」現状とバリ島の自然災害に対する考え方

2017年9月26日


こんにちは、バリ倶楽部のさすけです。
バリ島の一番高い山、アグン山の火山活動は日本でも報じられており、多くの方が心配していると思います。ネットニュースでは既に噴火しているようなニュアンスのタイトルが多く、どの記事が正しいのかわからないという声もあがっています。

アグン山火山活動の現状

アグン山は10月2日9時現在はまだ噴火しておりません。火山活動の活発化により、インドネシア国家防災庁は9月22日付で警戒レベルを4に引き上げ、火口から半径9キロ圏内(北、北東、南東、南から南西部は12キロ)の区域への立ち入りを禁止しました。同時にアグン山噴火に伴う噴出物のハザードマップも配布しました。

また、バリ島観光庁もデンパサール国際空港と各航空会社と会議を行い、現時点では全フライト通常運行しております。空港での混乱はないと共同声明をだしました。

hazard-map

バリ島全体の地図で見ますとこんな感じです。

アグン山噴火した場合のハザードマップ

政府や各自治体は警戒レベルの引き上げと同時に避難者の対応をしています。避難所も全県に設置して、避難所に加え支援物資、避難者の健康と学校教育の継続を優先すると強調しました。
僕も9月24日にバリ東部に行く機会があって、避難区域の村々をみるといたって落ち着いている様子で自治体が噴火の可能性にしっかりと準備している印象でした。
また、9月28日に国家防災庁が発表したニュースによりますと、避難者増加しておりますが、支援物資の物流や運送はスムーズに行われていて、続々と届います。一か月分は確保できいると発表しています。
10月2日現在のニュースによりますと、避難者の多くは避難勧告を出されていない村々から来られているということから、危険区域に住んでいた避難者以外は各村に戻ってもらうことするとのことです。

バリ倶楽部は9月22日をもって、ブサキ寺院とランプヤン寺院へのツアーを一旦クローズさせていただきました。これからもお客様の安全を第一に考えて判断したいと思います。また、不確かな情報元に惑わされることなく、インドネシア政府の国家防災庁と火山地質災害対策局の発表を常に確認して冷静に判断したいと思います。

wareware-rooftop

リゾート地が多く点在するバリ島南部の様子もいつも通りです。南部の自治体、NGOやNPOが募金を集うことでサポートしています。アグン山の火山活動により、地元の方々はいたって冷静な印象ですが思いは様々だと思います。観光客も在住者の反応も様々です。自然なだけに難しいですね。

さて、バリ島といえば、バリヒンドゥーですね。イスラム教徒が世界一の国、インドネシアに一島だけほとんどの島民はヒンドゥー教。バリヒンドゥーのコンセプトが世界遺産に認定されたり、とてもユニークで唯一無二の島。そのバリ島の「自然災害」に関する考え方はどうでしょうか?

バリ島の自然災害に対する考え方

昔から今も、バリ島を破壊する要因と信じられているのはインド洋での大地震とアグン山の噴火です。今回のアグン山の火山活動は破壊しかねないエネルギーを少しづつだす。そうすることによってバリ島全体に被害が及ばないためだそうです。

アグン山麓の寺院、ブサキ寺院

我々人間からすると「自然災害」と呼んでますが、バリ島の宗教観からみるとバランスを整える「動き」、台地がバランスを取り戻すための活動です。大地の「動き」が多くの犠牲者を出さないために、こういうときにバリ島全体で儀式やお祈りを捧げます。

アグン山の火口

自然は全地球の生活の源。この自然を底がつくまで搾取するのではなく、持続しなくてはいけませんし、バランスを保たないといけない。いざ、人間が自然を守れなくなったり、持続できなくなったりすると、自然は自分でバランスをとります。自然がバランスをとるときの「動き」が人間が言う「自然災害」です。

先祖代々バリ島の人たちはこのコンセプト、教え方の元で生きてきて自然のバランスを常に意識して日常生活を送っています。儀式や習慣などを通して自然を考慮しながら行動しています。

ランプヤンからのアグン山

2000年の歴史を持つバリヒンドゥーの自然に対する考え方は現在の学問にも通ずるものがあってとても感慨深い。
今回の火山活動に伴いバリ島各地での儀式や祈りなどをみますと、自然と人間、人間と人間、人間と神様の調和を大事にしていると思いました。今回のアグン山活動により動物、植物も含めて犠牲になる生き物が最小限におさまりますように祈ります。

  • 坂根

    初めまして、京都市在住の57歳男性です。将来はバリ島で生活したいと考えています。その前に実際にバリ島に何回か行ってみて、どんな状態(生活レベル、治安、医療等)なのかを見聞きしてみたいと思っています。
    バリ島に関するサイトもいろいろ見ています。ですが、実際の生の情報を得るという点では少し物足りなさを感じています。
    いろいろ教えていただければありがたいです。よろしくお願いいたします。

書き手

  • サスケ
  • キコ
  • アサミ

アーカイブ

写真

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

前日5時まで予約OK!お急ぎの方はこちら

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メール・SNSから

  • mail
  • @LINE
  • messenger

写真

前日5時まで
予約受付!

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger

mail magazine

10日おきにお届け!
無料メルマガ購読フォーム

過去のメルマガはこちら

おすすめ

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

バリ倶楽部

ご予約・お問い合わせ

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

ご希望日の前日5時以降は直接お電話下さい。

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メールでのご質問・ご予約はこちら

SNSからもお問い合わせ

  • @LINE
  • messenger

ご希望日の前日5時以降は
直接お電話下さい。

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger