メイン画像

サスケ

  •  (0)

旅行者にも知ってほしい、5つバリ島の悪い面

2015年11月25日


長くバリ島に住んでいると
今に比べて昔の町並みは風情があって良かったな~とか
今に比べてビーチはもっと綺麗だったな~とか
何もないころだからこそ深みがあったような気がして
ついつい昔と比べてしまいます。
でも、なんだかんだいってバリ島が大好きですし、
ご縁があれば生涯バリ島で過ごしたいと思ってます。
身内びいきかも知れないですけど
バリ島の悪口やネガティブの記事を読むと
腹を立ててしまいます。
バリ島に来て、バリ島は好きじゃないという意見は全然良いですけど、
バリ島で働いててバリ島の悪い記事ばっかりアップしている人は
何がしたいねん!と思ってしまいます。
嘘みたいですけど、本当にいるんですよ~
テロかっ!!と思ってしまいます。
でも、どちらにでも偏ることは良くないと思い、
どこに行っても良い面と悪い面の2極は絶対存在するし
良いことばっかり書いてても、悪いことばっかり書いてても
ちょっと違うな~と思って
今回は僕が思う近年バリ島の悪いところも紹介します。

旅行者にも知ってほしい、5つバリ島の悪い面

1.ゴミ問題

以前僕のブログ記事でも紹介しました、バリ島のゴミ問題
これはバリ島みならず、インドネシアやアジア各国が真剣に
取り組まなきゃいけない問題です。
特にプラスチックのゴミ。
先日ウォールストリートジャーナルの記事で
ぶっちぎり1位は中国、ダントツで2位はインドネシア
その次はフィリピン、ベトナム、スリランカ、タイという結果です。
バリ島に関しては
プラスチックの害に対する知識不足
子供から大人までポイ捨てのクセ
経済発展と観光業の発展に伴なってゴミ処理技術
や施設が追いついていない。
マナーが悪い観光客
この4つが主にバリ島のゴミ問題の原因です。

2.土地問題

これは今に始まった問題ではないですけど、
観光業の発展と共に以前価値がない土地が
急激に価値が高騰し、土地を売るか売らないか、
売った時の兄弟や親との分け前でもめて、
絶縁、殺人にまで発展するケースもあります。
以前バリ島の人々はほとんどが農家です。
現在観光が発展しているバリ島南部や
離島のレンボンガン島などはオーシャンビューなどの
景色が絶景ですけど石灰岩がゴロゴロ、土壌がやせていて、
農業にむかない土地です。
人にあげても貰ってくれないほど価値がない土地でした。
1970年代後半から現在に至り
ホテルやヴィラの建設と共に土地の値段があがり、
大金に誘惑され、先祖からの土地は子孫の為に残しておくのが
良いとされているのにも関わらず、売ってしまって
そのお金を浪費し10年後また貧乏生活逆戻りは良くある話です。
ちなみに賢い人は売るのを拒み、20年間のリースにしたりしています。

3.お坊さんの劣化

バリ島のヒンドゥー教のお坊さんのコンセプトは
人々に正しいヒンドゥーの哲学、知識や日常での実用を教え
お参りする人々のお供えものや儀式で祈りを捧げ、
寺院の清潔と神聖さ守り、人々の為につとめる。
全員ではもちろんないですけど、
お坊さんはボスと勘違いされている方もいらっしゃいますし
中には財や冨のほうに傾いてるお坊さんも。
バリ島のお坊さんはビジネスや職業ではありません。
人生を神様や自然、社会や人々に捧げ、より有用な人材になることです。

4.バリ語の絶滅

バリ島の子供たちがバリ語を話さなくなった、話せなくなった。
これは僕だけではなく州政府も深刻な問題だと思ってます。
昔からバリ語という授業はありますけど、
バリ字が書けなくなっている人がほとんど、
家庭で飛びかう言葉もインドネシア語。
このままだとバリ語が絶滅してしまいます。
バリ語をしゃべるのがダサいというトレンドや
家庭内でバリ語での会話がなくなりつつあるのが
とても残念でバリ語を使う習慣を家庭から復活
させなくてはいけませんね。

5.肥満

良くお客様にバリ島の人たちはスタイルが良くて太っている人は
少ないですよね~と言われます。
もともとは重い荷物やお供え物は頭に乗せて運んだり、
バリ舞踊の基本は足腰と正しい姿勢のせいか、
バリ島の人たちは足腰がしっかりしていて、姿勢もよくて、
スタイルが良い人が多いですけど、
近年は裕福になり、ジャンクフードやお菓子が簡単に買えて
特に子供と中年の人には太っている方が増えました。

それと共に、心臓病、脳梗塞や糖尿病といった生活習慣病を
患う方も増えました。
以前、モリンガやココナッツ・オイルの記事でも紹介しましたけど、
何にもない素朴な生活だった時から、バリ島の昔の人は
モリンガやココナッツ、栄養が豊富な植物をよく食べていました。
量をいっぱい買えないときでも栄養不足にならない
ように昔の人の知恵と英知に溢れていました。

ご飯がいっぱい食べられるようになった近年、
ただでさえバリ料理は栄養豊富なのに、ジャンクフードやお菓子とか
間食してしまったら太るに違いない。
本当に食生活には気をつけてほしいです。

経済発展はいいことなのか、悪いことなのか分からなくなる時代。
諦めて他人に任せるだけではなく、バリ島で働きバリ島のお陰で
飯が食えている僕たちも行動しなくてはいけない問題だと思います。
バリ島の為にも観光客の為にもより良い社会にしたいですね。
頑張ります。

バリ倶楽部のホームページへ

バリ倶楽部WEBマガジン
毎月10日、20日、30日はバリ島を感じる日

登録フォーム

みんなでつくるバリ島のブログランキングバリブロへ
バリブロのブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村

書き手

  • サスケ
  • キコ
  • アサミ
  • ヒデ

アーカイブ

写真

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

前日5時まで予約OK!お急ぎの方はこちら

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メール・SNSから

  • mail
  • @LINE
  • messenger

写真

前日5時まで
予約受付!

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger

mail magazine

10日おきにお届け!
無料メルマガ購読フォーム

過去のメルマガはこちら

おすすめ

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

バリ倶楽部

ご予約・お問い合わせ

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

ご希望日の前日5時以降は直接お電話下さい。

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メールでのご質問・ご予約はこちら

SNSからもお問い合わせ

  • @LINE
  • messenger

ご希望日の前日5時以降は
直接お電話下さい。

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger