メイン画像

バリ島の日常を彩る小さなお供え物、チャナンCanang

最終更新日:2017年7月31日

さすけ

バリ島のお供え物

チャナンとは

  • フルネーム: チャナン・サリ
  • 素材: ヤシの葉、バナナの葉、お花
  • 用途: お祈りの為、基本的なお供え物
  • お値段: 一枚Rp.1000
  • 購入場所: 売店、市場、寺院周辺

チャナン(Canang)とはバリ・ヒンドゥーの基本的なお供え物。Canang(チャナン)はCan(チャン)とNang(ナン)という古代ジャワ語の単語で、チャンは「美しい」、ナンは「目的や意図」という意味です。神様に「美しくありますように」という意味のお供え物です。

バリ式のお祈りはお香とお花を使い、お花にはチャナンを使うのが一般的です。チャナンは毎日、家の敷地内の各部屋、神棚、祠、台所、井戸などにお供えし、神様への感謝の気持ちを伝え、お供えします。チャナンは全て手作りで、各家庭で作っていましたが、近年市場などで売られていて、市場で買ってお供えすることが多くなりました。

チャナンの色んな使え方

お供え物には必ずチャナン
お祈りにも使うチャナン
どのお供え物にもチャナン

チャナン 3つのこと

  1. 1. チャナンの形と材料

    チャナンは基本的に四角い形をしていますが三角や丸い形のチャナンもあります。
    四角いものは若いヤシの葉っぱ、そして三角のものはバナナの葉っぱから出来ているものがほとんどです。お花以外にはお米、小さくスライスしたバナナ、サトウキビ、バリ島伝統のお菓子、石灰とコショウ科のキンマの葉が入っています。

  2. 2. チャナンはなぜ道端に?

    バリヒンドゥーでは「2極」や「2面性」という教えがあり、この宇宙には必ず正反対なものが存在し、どちらかに偏ってはアンバランスであり良くないとされています。

    その2極とは左右、上下、白黒、男女、天地などなど。我々が住んでいるこの世界の他にも神々の世界と下の世界(魔界)が存在すると信じられています。

    その2極の教えから、人々は神様にだけではなく、魔物にもお供えをし、平和で共存共栄できるようにとお祈りします。神様にお供えする時は神棚や祠など上の方にお供えし、魔物にお供えする時は下(地)にお供えします。つまり、道端にあるチャナンは魔物へのお供えものです。

  3. 3. チャナンのお花達

    チャナンで使われているお花は様々でカラフルですが、それは実はヤシの葉っぱなどから作られた容器の様なものに色と配置場所が決まっています。

    白は東: アサガオ、白い蓮の花、ホウセンカなど
    黄色は西:マリーゴールドやチョウセンアサガオ
    黒は北:黒の花は難しいので、紫のホウセンカ、紫の蓮の花
    赤は南:赤のホウセンカやブーゲンビリア
    真ん中は必ず細く刻んだパンダナスの葉
    チャナンはヤシの葉のつなぎ目が正面で正面からみて上は北です。

関連記事

関連ページ

写真

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

前日5時まで予約OK!お急ぎの方はこちら

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メール・SNSから

  • mail
  • @LINE
  • messenger

写真

前日5時まで
予約受付!

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger

mail magazine

10日おきにお届け!
無料メルマガ購読フォーム

過去のメルマガはこちら

おすすめ

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

バリ倶楽部

ご予約・お問い合わせ

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

ご希望日の前日5時以降は直接お電話下さい。

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メールでのご質問・ご予約はこちら

SNSからもお問い合わせ

  • @LINE
  • messenger

ご希望日の前日5時以降は
直接お電話下さい。

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger