メイン画像

サスケ

  •  (0)

バリ島物語【 小さな島の壮大なストーリー 】Part1

2016年9月3日


こんにちは、バリ倶楽部のさすけです。
昔から今もなおバリ島は色んな時代の色んな人を魅了しつづけ、ユニークな文化と世界観がフューチャーされています。リゾート地としても有名なバリ島には美しい自然や寺院、綺麗な棚田と優しい人々が印象強く残ると思います。

バリ島のブサキ寺院

僕は5歳からバリ島に住んでいて、バリ人同様の暮らしをしてきました。長年住んでいるにもかかわらず常に一つ大きな疑問があります。なぜこんな小さな島に世界各地から人が集まり、大人気なの?なぜ( 僕も含め )バリ島が好きになってしまうの?

その謎を解き明かしたいと思い、色んな人をインタビューしたり、勉強しました。そのプロセスで得たバリ島に関する知識を4部作 ( 長いっ!! )に分けて書いてみます。

皆さんの知識と異なることもあるかと思いますが、バリ島で昔から代々伝わってきたお話しも交えています。必ずしも書籍などに基ずいている話ではないのでご了承ください。

バリ島の始まり、2世紀~

besakih-main-temple

マルカンデヤ大師という人物

バリ島に一番大きな影響をもたらした人物はマルカンデヤ大師というインド出身の高僧です。マルカンデヤ大師は2世紀頃( 日本では弥生時代 )にアグン山の麓( 現・ブサキ寺院 )に辿り着きました。

バリ島を住める場所にするため、森を開墾、集落を作り、農業方法を生みだし、始めてバリ島に文明をもたらした人物です。

それだけではなく、マルカンデヤ大師が今も続くバリヒンドゥーのコンセプトを生み出しました。また、バリ島の世界遺産になった「 スバック 」という水利システムもバリ島のお供え物の起源も全てマルカンデヤ大師がバリ島にもたらしたほんの一部の遺産。

ジャティルウィのライステラス

バリ島を開拓

バリ島に来る前にマルカンデヤ大師はジャワ島東部のラウン山に拠点を起きました。バリ島には特別なエネルギーがあると悟りました。マルカンデヤ大師が瞑想したときに、バリ島に天まで届く大きな光の柱を見ました。その光の中心はアグン山だと悟りました。

長い準備期間を経て、400人の弟子たちとバリ島へ渡る決断をしました。マルカンデヤ大師が最初に上陸した地はバリ島の西部ヌガラ県です。現在はランブッシウィという寺院になっています。

IMG_20200422_105649

2世紀のバリ島は文明が発展しておらず、住む人間はほとんどいなかったそうです。森に覆われているアグン山の麓には危険な動物も生息していて、魔物や妖怪の住みかだったそうです。

マルカンデヤ大師の弟子たちが次から次へと謎の病にたおれ、1回目のバリ島上陸は失敗に終わりました。2回目の試みは800人のお弟子さんを連れてきました。

開墾する前にアグン山の麓、現在バスキアン寺院があるところにパンチャダトゥというお供え物を土の中に埋めました。

パンチャダトゥとは
金・銀・銅・鉄・青銅などの地球の鉱物が入っていて、感謝の気持ちを込めて自然にお返しを捧げるという意味のお供え物です。



besakih-temple-agung

ちなみに①
マルカンデヤ大師がアグン山の麓でお供えしたパンチャダトゥがバリ島のお供え物の起源です。そしてパンかダトゥを埋めた場所が後にバリ島の総本山、ブサキ寺院になります。バリ島総本山のブサキ寺院はマルカンデヤ大師が築いた寺院です。



rambutsiwi-temple-02

ちなみに②
2世紀当時のバリ島は魔物や妖怪が多く住んでいて、人間が住めるような場所ではなかったと言われています。マルカンデヤ大師はバリ島に住んでいる魔物や妖怪を新しい地を与え、バリ島に人間が住めるような場所をつくり上げました。

魔物や妖怪が与えられた地とはバリ島の離島、ペニダ島です。新しい地を与えられた魔物や妖怪が人間を邪魔しないように管理人として、ダラムペッドが責任者として任されました。今現在もバリ島の人々はペニダ島のダラムペッド寺院に行き、バリ島に住ませていただき、魔物や妖怪を管理して頂いた感謝の気持ちを伝えに参ります。



ダラムペット寺院

ブサキ寺院でバリ島の開墾「許可」をえられたマルカンデヤ大師はその後、少し西に移動してプアカン村( ウブドやテガラランの北側 )に拠点を置きました。

プアカン村の丘の上( 現在サバン・ダアッ寺院 )に居を構え、その丘の下に「 学校 」の様なもの、学び場を作りました。現在グヌンラウン・タロという寺院になっていますが、まだその痕跡があります。この場所で自然のことや神学、農業から建築学まで幅広くお弟子さんたちに教えてたそうです。

sabang-daat-temple

ちなみに③
マルカンデヤ大師がジャワ島から連れてきたお弟子さん達は「アガ人」と呼ばれていました。「アガ人」は「選ばれし者」という意味です。

現在バリ人の原住民はバリアガと呼ばれていますが、実はアガ人からの由来です。バリアガはバリ島の原住民というよりかはマルカンデヤ大師が2世紀頃にジャワ島から連れてきた精鋭たちです。ジャワ島から移民第一波なのです。



pucak-payogan1

マルカンデヤ大師はその後ウブドまで南下し、プチャッ・パヨガン寺院やグヌンルバ寺院をたてました。バリ島の始まりはマルカンデヤ大師の功績と言っても過言ではない、マルカンデヤ大師はバリ島の礎を築いた人物です。

  

COMMENT お客様からのメッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

アーカイブ

写真

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

前日5時まで予約OK!お急ぎの方はこちら

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メール・SNSから

  • mail
  • @LINE
  • messenger

写真

前日5時まで
予約受付!

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger

おすすめ

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

バリ倶楽部

ご予約・お問い合わせ

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

ご希望日の前日5時以降は直接お電話下さい。

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メールでのご質問・ご予約はこちら

SNSからもお問い合わせ

  • @LINE
  • messenger

ご希望日の前日5時以降は
直接お電話下さい。

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger