メイン画像

サスケ

  •  (2)

【 コモド島の旅日記 】優雅な船旅で離島めぐりとシュノーケリング

2019年12月12日


こんにちは、バリ倶楽部のさすけ(@sasuke80)です。
先日コモド国立公園にいってコモドドラゴン探しの旅に出かけました。

コモド島と言えばコモドオオトカゲのイメージが強いですが、実は色んな魅力が詰まっている地域です。今回はその魅力と旅のレポートをお届けします。

コモド国立公園はラブアンバジョから

labuanbajo-garuda-airlines

コモド国立公園の玄関口はフローレス島にあるラブアンバジョという町です。バリ島から飛行機で1時間半でいけるので、いがいと近い。コモドドラゴンがいるコモド国立公園の位置を確認しましょう~

インドネシアの地図

すみません、小っちゃくてわかりずらいですね(>_<) グーグルマップでみるとこんな感じです。

緑の部分がコモド国立公園です。

コモド国立公園の基本情報

explore-komodo-rinca

コモド国立公園はインドネシアのスンバワ島とフローレス島の間にある、主要な3島のコモド島、リンチャ島とパダール島を含む、2321km2の面積をゆうする国立公園です。

当初はコモドドラゴンの生息地である島を保護しようという目的で1980年に設立されましたが、その後は公園全体(海洋&陸上)の生物多様性を保護するために変わりました。

1986年にUNESCOの世界遺産に認定され、現在はコモドドラゴンの生息地いがいは1000種以上のお魚、330種類のサンゴ。ジュゴン、イルカ、マンタ、ウミガメやクジラなどの珍しい海洋生物の生息地にもなっています。

コモド国立公園への行き方

labuanbajo-garuda-airlines

バリ島から国立公園の玄関口であるラブアンバジョは毎日直行便がとんでいます。毎日5便~6便は飛んでいて、1時間半しかかからないので、意外と便利です。今回はガルーダの朝7時便にのって、8時25分に到着しました。

ラブアンバジョの空港

到着してすぐに、コモドドラゴンがウェルカムしてくれます。ラブアンバジョといえばコモドドラゴンなんですね。空港のあらゆる場所に【コモドドラゴン】がいます。

labuanbajo-airport-komodo

荷物をとって、現地のパートナーと合流して、ラブアンバジョの港へ出発。ラブアンバジョの中心街はこじんまりとしていて、とても狭い街です。メインストリート以外にはほぼ何にもなく、レストラン、ATMやスーパーはメインストリートにしかないです。

バリ島ではよく見かけるコンビニもなく、栄えている港ですがまだまだ田舎です。空港から港までは車で15分です。今回の旅は木造船でゆっくり公園内を航海します。

ラブアンバジョのボート

じゃじゃ~ん!!
すてきな木造船でした!!
コモド国立公園への移動手段はきまってボートか船です。船の中には3ベッドルームと2つのトイレ、ダイニングスペースとリラックスするデッキがあって、優雅です!!

liveon-board-relaxing

コモド国立公園へGO!!

コモド国立公園の魅力はコモドドラゴンだけではなく、いろんなアクティビティーが楽しめます。ラブアンバジョの港から公園までの間にゆっくりすすみながら、いろんな場所にたちよります。シュノーケリングやトレッキング、カヤックやキャンプなどできちゃいます。

コモド国立公園へのボート

船が出発してすぐのお楽しみ!

komodo-boat-bintang

キレイな景色をみながら、船のうえでビンタン!!
ソフトドリンクとジュースは飲み放題

komodo-liveonboard-drinks

ボートスタッフがつくってくれたランチ

lunch-at-the-boat

絶品です!!

exploring-komodo-lunch

充実した船でのサービスが快適な船旅を演出します

komodo-live-on-boardコモド島でアクティビティー

カヤック

kayakking-komodo

コモド国立には無数の小さな島が点在していて、島から島までのカヤックが最高に気持ちいです。

komodo-kayakking-tour

ビーチがとてもキレイな無人島に立ち寄ったり

explore-komodo-mangrove1

マングローブ森を探検したり。
疲れたらまた船にもどって、次の目的へ

komodo-kayakking-tour (2)

シュノーケリング

今回の旅でいちばん最高だったのは、スバヨールという島でのシュノーケリングです。サンゴや魚の種類とスケールが違います。小さなスバヨール島をシュノーケリングしながら一周しました。

explore-komodo-snorkeling

我々がシュノーケリングしてる最中にシュノーケリングボートも常に付いていきますので安心です。疲れたらすぐにボートに戻れます。

komodo-snorkeling-coral

今までシュノーケリングした中で最高な景色でした。サンゴと魚種類も豊富で透明度もとても良かったです。

komodo-anemone-fish

マンタとも出会えました!

komodo-snorkeling-manta

explore-komodo-manta

explore-komodo-mantapoint

運がよければ、イルカ、ウミガメ、ジュゴンとも出会えます!

コモドドラゴン

コモド国立公園のハイライトはやはりコモドドラゴン。
今回はコモド島ではなくて、リンチャ島で探してみました。比較的みじかくて、楽なトレッキングコースでコモドドラゴンが発見できます。

sunbathing-komodo-dragon

コモドドラゴンの生態を説明しながらレンジャー同行でトレッキングします。

explore-komodo-komododragon

コモドドラゴンはオスとメスで大分大きさが違います。今回はかなり大きなオスと出会いました。サイズ感は想像以上に大きくて存在感と野生感が半端ないです!もはや恐竜です。

explore-komodo-komododragon2

今回いちばん勉強になったのは、コモドドラゴンは蛇と同じく毒をもっていること。毒蛇と少しシステムは違いますが、牙に毒があって人間がかまれたら死に至ります。

コモドドラゴンの唾液にバクテリアが含まれていて、かまれたらそのバクテリアが感染するというのは最新の研究で正しくないとわかったそうです。

万が一の為にすぐ近くの国立公園オフィスにワクチンが常備してますのでご安心してください。。。とレンジャーに言われましたが。。。野生の動物が醸し出す独特の雰囲気にビビりました。

explore-komodo-sasuke1

コモドドラゴンと遭遇した後に、トレッキングを続けて、リンチャ島一番の高台に行きました。リンチャ島からのパノラマです。

キャンプ

最終日はビーチでキャンプです。

komodo-camping-site

綺麗な砂浜でテントをたててもらって、浜辺でサンセットみながらゆったり。ビーチでの夕食も最高においしかったです。

camping-site-beach

最高の2泊3日の旅でした。是非みなさんにも体験してほしい旅です。

live-on-board-komodo

2020年もコモド国立公園2泊3日の船旅を催行しますので、一緒に旅しませんか?
興味あるかたはバリ倶楽部へお問い合わせください↓↓↓

コモドドラゴン

お待ちしております。

COMMENT お客様からのメッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

アーカイブ

写真

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

前日5時まで予約OK!お急ぎの方はこちら

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メール・SNSから

  • mail
  • @LINE
  • messenger

写真

前日5時まで
予約受付!

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger

mail magazine

10日おきにお届け!
無料メルマガ購読フォーム

過去のメルマガはこちら

おすすめ

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

バリ倶楽部

ご予約・お問い合わせ

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

ご希望日の前日5時以降は直接お電話下さい。

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メールでのご質問・ご予約はこちら

SNSからもお問い合わせ

  • @LINE
  • messenger

ご希望日の前日5時以降は
直接お電話下さい。

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger