メイン画像

サスケ

  •  (0)

バリ倶楽部ウォーレシアの旅、A・R・ウォレスという人物

2015年12月3日


アルフレッド・ラセル・ウォレスを知っている方は
そう多くないと思いますが、生物学に対する貢献度は
ダーウィンと同じくらい大きな影響を与えました。
生まれ故郷の英国では有名ですが、
ウォレスが一番長く探検したマレー半島
(インドネシア、マレーシア&シンガポール)でも
そんなに広く知られてないのはとても寂しいことです。
実際小学校から大学までインドネシアの教育を受けてた僕も
ウォレスやウォレス線の授業があったかどうかも定かではない。
簡単に説明しましたので、
今回はウォレスという人物と彼のマレー半島での旅を
紹介したいと思います。
ウォレスは1854年から1862年まで、8年間にわたりインドネシアを渡り歩き、
スマトラ島でオランウータンと出会い、ボルネオ島でダヤック民族と一緒に暮らし、
スラウェシ、ジャワ、バリ、ロンボク、ほとんどインドネシアの主要の島を探検。
渡り歩くという単語を使ったのは本当にウォレスは
歩いて歩いて旅をしていました。
自然や人間を観察し、動物の標本を集めながら
日記を書き論文を執筆。
品のあるイングリッシュマンのバックパッカ―だと思ってます。
ウォレスのインドネシアでの旅は
地球半周の2万キロ以上にもわたり、
約110,000種の昆虫、8,000の鳥類、7,500の甲殻類、
410の哺乳類と爬虫類を採取しました。
そのなかの5,000種は生物学的に新たな種類、新種である。
インドネシアの中で彼が最も頻繁に訪れた地域があります。
それが現在ウォーレシアと言われている、インドネシアの北東部
テルナテ島、ハルマヘラ島、ワイゲオ島、セラム島、バチャン島は
最もウォレスの興味を引いた島々です。
テルナテ島で家を借り、旅の拠点にもしていました。
シロハタフウチョウ
ウォレスの動物学的に一番有名な発見はこちらの
シロハタフウチョウ(Semioptera Wallacii)
英名はWallace’s Standart-Wing Bird of Paradise 
表現が難しいほどの美しい深い青色にオレンジの足。

 リボンのようなひらひらと白い羽は
メスにアピールする求愛サイン。

現在、約300種の動物がウォレスをちなんで
名前をつけられているのは、ウォレスの貢献度を物語っています。
ウォレスの旅の仕方や自然に対する着眼点と価値観は
個人的に大好きです。
特にウォレスの文章を通しての表現力は
冒険家でありながら知性にあふれていて
自然と人間に対する優しさや情熱がすごく伝わります。
危ないフルーツについて。。。
「英国の木々と果物を判断基準にしている、
詩人とモラリストはフルーツの実が落下したら人間に害をもたらさないよう、
フルーツの実の大きさとその木の高さは反比例していると思っている。
2大危ないフルーツと知られている
ブラジルナッツとドリアンは大きな高い木に生り、熟したと同時に落下し、
実を求めようとする人を怪我や死亡させてしまうことも多々ある。
これらから我々は2つのことを学べる、
一つ、自然に対する部分的な見方や意見で結論付けないこと
二つ、木々や果物、あらゆる動物や植物が産出する全ては
ただ単に人間の利用や利便性の為ではない。
~1856年にウォレスが書いた記事~
 

アルフレッド・ラッセル・ウォレス、
1823年・英国のケンシントンコテージ(現在はウェールズ)
の田舎町に生まれ、名門とは言えないがまともな家柄の5男。
14歳の時に経済的な理由で学校を辞め、土地の測量者として
兄のもとで働く。
英国とウェールズ各地飛び回って土地を測量していたウォレスは
色んな場所で見ていた植物に興味を持ち始め、
サンプルを採取し種類を特定していた。
これが博物学者、生物学者と探検家への第一歩でした。

みんなでつくるバリ島のブログランキングバリブロへ
バリブロのブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

書き手

  • サスケ
  • キコ
  • アサミ
  • ヒデ

アーカイブ

写真

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

前日5時まで予約OK!お急ぎの方はこちら

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メール・SNSから

  • mail
  • @LINE
  • messenger

写真

前日5時まで
予約受付!

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger

mail magazine

10日おきにお届け!
無料メルマガ購読フォーム

過去のメルマガはこちら

おすすめ

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

バリ倶楽部

ご予約・お問い合わせ

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

ご希望日の前日5時以降は直接お電話下さい。

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メールでのご質問・ご予約はこちら

SNSからもお問い合わせ

  • @LINE
  • messenger

ご希望日の前日5時以降は
直接お電話下さい。

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger