メイン画像

アサミ

  •  (0)

【番外編】レンボンガン島日記Vol.1

2015年8月19日


ひっさびさのブログ更新です。

みなさま、お待たせ~♪

更新楽しみにしているよ~!というてくれてる人が意外と多くてうれしい限りです。

で、先日ですね~念願のレンボンガン島に宿泊してきました~

バリ島からスピードボートで30分~50分にある離島、レンボンガン島。

8月に入って毎日のように訪れているレンボンガン島。

もうね、日差しが強すぎて真っ黒ですよ。

しかも最悪なことにTシャツ・短パン焼けwwwwww

なんでかって?

ツアーで毎日案内してるからですよ。涙

その日もお昼すぎまではツアーのガイドとしてお仕事しておりました。

いつもと変わらず。

特に泊まることを人には伝えていなかったのですが

『あさみ~今日レンボンガン泊まるんやろ?』


『宿どこや?』

と、どこにいっても私がレンボンガンに泊まることを知っている。

なんでや??

ここは小さい島。どこからか情報が回っているんですね。

まるで私の地元のように・・・悪いことはできません。笑

で、仕事終わった瞬間。

『何の飲む? ビンタンか?』


『今日はタダで飲んでええで~』

とのことでビール様が登場!!!!!

その日はツアーのランチで使用しているレストランスタッフのお誕生日なので

夜はビール祭りとのことです♪

『ほんでやで、この宿泊まったらええやん!!!』 とのこと。

めっちゃラッキー!!!ほんまに幸運!!!

今回はセクシー姉さん、めぐちゃんと一緒です。

宿はこんなに素敵な部屋。

WAREWAREバンガロー 1部屋1泊 Rp.800,000~(約7000円~)

エアコン・ホットシャワー・朝食付!!

1部屋の値段なので、2人で泊まったら1人3,500円くらい。

日本のビジネスホテルより安いですね♪

※ちゃんと日本人に宣伝しとけと言われています。笑

 価格はシーズンによって変動しますので、要確認。

とりあえず荷物を宿に置いて、レンボンガン島の探検に出発です。

パノラマビューポイント!!!

専属カメラマンとして喜古マネーシャーが同行してくれました。

ありがとうございます。

もちろん移動はバイク移動です。

レンボンガン島は警察がいないのでヘルメットしなくていいです。

でも道は最悪のコンディションです。

また転倒しないように、最新の注意を払って運転しました。笑

レンボンガン島のご神木といわれているガジュマルの木。

もちろん祈りは、、、バイクでこけませんように!!

続いて、イエローブリッジ!

隣のチュニガン島との懸け橋です。

喜古マネージャーとはここでお別れして、2人でチュニガン島へ向かいました~。

書き手

  • サスケ
  • キコ
  • アサミ

アーカイブ

写真

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

前日5時まで予約OK!お急ぎの方はこちら

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メール・SNSから

  • mail
  • @LINE
  • messenger

写真

前日5時まで
予約受付!

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger

mail magazine

10日おきにお届け!
無料メルマガ購読フォーム

過去のメルマガはこちら

おすすめ

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

バリ倶楽部

ご予約・お問い合わせ

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

ご希望日の前日5時以降は直接お電話下さい。

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メールでのご質問・ご予約はこちら

SNSからもお問い合わせ

  • @LINE
  • messenger

ご希望日の前日5時以降は
直接お電話下さい。

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger