メイン画像

キコ

  •  (0)

【バリ島サヌール散歩】ウミガメ保護施設で白いウミガメを発見!!

2019年2月11日


バリ島ヘビーリピーターさんに大人気のサヌール地区。

ゆっくりとした町並みとシンドゥ市場。ビーチもあるし、海沿いの遊歩道はお散歩に持ってこい。ローカルな雰囲気と観光地の便利さがバランス良く楽しめます。

今回は朝のサヌール散歩にぴったりなウミガメ保護施設をご紹介・・・なんですが、どっちかというとウミガメの種類についてです。

バリ倶楽部キャンペーン情報
【学割2019】25歳以下ならレンボンガン島ツアーが20%OFFキャンペーン!!
バナー

バリ島基本情報
絶対に損する最悪レートの両替方法
4月・5月・6月の天気と気温、おすすめの服装

バリ島ウミガメ保護施設の目的

バリ島サヌール散歩ウミガメの種類バリ島でウミガメの保護施設といえばスランガンが有名ですが、その他にもクタやヌサドゥア。ペニダ島にもあります。

施設の目的はウミガメの種類や生態の紹介、怪我をしたウミガメの保護、バリ島各地(遠くはジャワ島)から卵を集め、孵化させてから子ウミガメを放流することです。

ウミガメは産卵数が多いことからもわかる通り、大人になれる確率がとっても低い生き物です。野生動物に卵を掘り起こされて食べられてしまう。体力のない孵化直後から海に出るので魚に食べられてしまう。

自然界でも生存率が低いウミガメですが、更に追い打ちをかけているのが僕たちが出すプラスチックゴミ。ウミガメが主食のクラゲと間違えて食べてしまうんです。もう一つは商業目的の乱獲。

お恥ずかしながら僕も自分で書いていて目を逸らしたくなる問題です。
バリ島サヌール散歩ウミガメの種類そこで「子ウミガメが泳ぎに慣れるまで保護して少しでも生存率を上げましょう」ということですが、そもそも人の手を加えるのは良くない!!という意見や、生後1ヶ月で放流するのは「放流ビジネス」にしかなっていない!!といった意見もあります。

5歳の息子も「およぐところがせまくてかわいそうだね」と言いますが、「それなら水族館も動物園も同じだよな」と、答えになってないことしか言えません。難しいところですよね。

さてと、ここで書くのは保護を目的とした施設の良し悪しではありません。実際に生きたウミガメを見て知るには良いなと思うのでご紹介します。

バリ倶楽部の活動
バリ倶楽部のCSRプロジェクト【イェ・バリ】が始動!!

サヌールのウミガメ保護施設

サヌール地区シンドゥビーチ。ビーチの遊歩道に面してますが小さい施設なのでわかりにくです。

施設でみれるウミガメの種類

バリ島サヌール散歩ウミガメの種類

タイマイ

バリ島サヌール散歩ウミガメの種類尖がったくちばしと、複雑な甲羅の模様が特徴。バリ島やレンボンガン島周辺で見かけるのは、ほとんどがこのタイマイです。元気に泳ぎ回ってエサを探すので遭遇率が高くなるんですね。

↓↓ギリ・メノで撮影してきた食事中のタイマイ。
食事中は人が近づいても全くの知らんぷり。

アオウミガメ

バリ島サヌール散歩ウミガメの種類アオウミガメは大きくなりますよ。かなりの寝坊助なので野生の場合も寝床に行けばゆっくり観察できます。タイマイと同じように見えますが、見わけ方がわかれば簡単に選別可能。

↓↓【過去記事】ウミガメの種類と見分け方&見れるポイント
バリ島サヌール散歩ウミガメの種類・・・と、野生のウミガメを散々観察してきたのでそれなりに知ってるつもりになっていました。「ウミガメ保護施設?まぁタイマイとアオウミガメと子ウミガメでしょ」ってなもんです・・・ところが!?

ヒメウミガメ?ヒラタウミガメ?

バリ島サヌール散歩ウミガメの種類なんか白いのがいる。あなた誰??

この白いウミガメ。施設内に5匹くらいいたし、タイマイやアオウミガメとは特徴が違ったのでアルビノではありません。

「ヒメウミガメだなこれは」と思ったんですが、家に帰って調べてみたらなんか違う。ヒラタウミガメに似ているようだけど、やっぱりなんか違う。

そこでウミガメ選別の最終手段「眉間のうろこ」を確認。
バリ島サヌール散歩ウミガメの種類4枚あったのでヒメウミガメに決定!!(ヒラタウミガメは2枚)間違ってたら教えてください。

まとめ

バリ島サヌール散歩ウミガメの種類※)ウミガメ保護施設は募金で成り立っています。見学に行った際は『気持ち』を忘れずに!!

どうでしょう??サヌール地区シンドゥビーチのウミガメ保護施設。小さいんですが3種類の生きたウミガメを観察できます。滞在時間15分で十分だけど、サヌールに宿泊される方にはおすすめのスポットですよ。

ただ見学に行っても「あぁウミガメかわいいね~」になってしまうと思うので予備知識をご紹介しました。動物・植物、もっと言ったら寺院・文化もそうですが見るだけよりも、知ってから見るか、見てから知る方が面白いですよね。

最後は僕が働くバリ倶楽部を正直に宣伝します。行く、見るだけじゃなく、行って見て知ることを重要視しているのがバリ倶楽部のツアー。

「せっかくバリ島を観光するんだから、ちゃんと専門的な説明をしてくれるツアー会社が良い」そんな方には持ってこいなので一度バリ倶楽部の個性派ツアーを見てみてくださいね。

↓↓バリ倶楽部WEBサイト
w1-1思い出に残る1日をお約束しますよ!!

今日はここまで、白いウミガメがヒメウミガメでありますように!!

では、また~

アーカイブ

写真

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

前日5時まで予約OK!お急ぎの方はこちら

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メール・SNSから

  • mail
  • @LINE
  • messenger

写真

前日5時まで
予約受付!

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger

mail magazine

10日おきにお届け!
無料メルマガ購読フォーム

過去のメルマガはこちら

おすすめ

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

バリ倶楽部

ご予約・お問い合わせ

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

ご希望日の前日5時以降は直接お電話下さい。

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メールでのご質問・ご予約はこちら

SNSからもお問い合わせ

  • @LINE
  • messenger

ご希望日の前日5時以降は
直接お電話下さい。

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger