メイン画像

キコ

  •  (1)

【ギリ・トラワンガン最新情報】ビーチエリアの立ち退き騒動

2017年3月4日


こんにちは、現地ツアー会社バリ倶楽部のキコです。

今回は、先月の25日にギリ・トラワンガンのビーチエリアで起こった立ち退き騒動について、なんのことだかさっぱり分からないと思うので簡単に書くと、ギリ・トラワンガンの海沿いの道(メインストリート)より海側にあった建物が全て壊されました。

僕が島に到着したのは立ち退き騒動から2日後のこと、カフェが建ち並んでいた海沿いは正しくがれきの山・・・って書くと物凄く悲惨な感じがしますが、立ち退きに至った理由を知り、メインストリートから海を眺めると「暴挙ではなく、未来への決断だったのかな?」と思えます。

先ずは立ち退きの目的から、騒動のビフォーアフターも含めて写真で紹介。最後は全体的な感想を書いていきたいと思います。

海側エリア立ち退きの目的

バリ島、ギリトラワンガンの情報まとめギリ島は「エンジン付きの乗り物禁止!!」など観光業と環境保全に対して独自のルールを持つ島です。実は立ち退きの目的も「海沿いの景観を良くする為」と、観光業に関わる判断からでした。

この立ち退きの話しは以前から噂となっていて、前回ギリ島に渡った時も「3月までには海側の建物は全て壊されるよ」と聞いていました。でもね・・・海沿いにはお洒落なカフェやバーが建ち並んでいるんです。まさかそんな無茶苦茶なことが強行されるとは夢にも思いませんでした。

その強行っぷりを目にした友達の話しでは「その日は島中が警察だらけで重機(クレーン車など)も入ってたよ」とのこと。警察のいない島というのは過去の話しです。幸い僕が到着した時には重機の姿を見かけなかったので「エンジン付きの乗り物禁止!!」ルールは継続するようです。

続いてビフォーアフターを写真で紹介していきます。

立ち退きビフォーアフター

バリ島、ギリトラワンガンの情報まとめこの美しいビーチに到着して最初に歩き出すのが海沿いのメインストリート。

メインストリート

バリ島、ギリトラワンガンの情報まとめ写真の左側が立ち退きを命じられていた海側エリア。

バリ島、ギリトラワンガンの情報まとめこれは同じところで撮った写真です。がれきの撤去が進んでいないのは立ち退きギリギリまで営業していたからだと思います。

ホテル・ヴィラ・オンバック

バリ島、ギリトラワンガンの情報まとめ以前このブログでもご紹介したヴィラ・オンバックの海側にあるレストラン。

紹介記事 ⇒ 【ギリ・トラワンガンのホテル情報】ヴィラ・オンバックがおすすめ!!

バリ島、ギリトラワンガンの情報まとめこれも同じところから撮った写真ですが、がれきはなく、さっぱりしてます。かなり前からレストランの営業を止めて解体を進めていたんですね。

気になっていたお洒落カフェ

バリ島、ギリトラワンガンの情報まとめ「写真映えする良いカフェだなぁ」と思ってたんですが・・・

バリ島、ギリトラワンガンの情報まとめさっぱりしてました。

ギリ・トラワンガンに行ったことがある人は、「あのカフェは大きいし大丈夫でしょ」と思うかも知れませんが、船の待合所を除いて全て壊されてました。立派な2階建てのカフェや、とてもお金が掛かってそうなお店も含めて全部です。袖の下が通用しなかったことを物語ってます。

ここで気になるのが、船着き場と反対側にあるサンセットビーチエリア。

サンセットビーチの現状は?

バリ島、ギリトラワンガンの情報まとめギリ島といえば「海ブランコの写真」が目を惹きますが、あれは島の西側サンセットビーチ(正式にはパンダワビーチ)にあります。東側と比べ建物が少なくゆっくりのんびりのエリアですが、それでも海沿いにはレストランがあったはず・・・

バリ島、ギリトラワンガンの情報まとめぺしゃんこでした。

ツアーでも「サンセットビーチで乾杯」を日程に入れていたのでビックリしたんですが、僕が気に入っていた場所は元気に営業中。

バリ島、ギリトラワンガンの情報まとめもともと建物はなくビーチにクッションやベットを置いただけの簡易バーだったので壊す物がなかったのかも知れません。

バリ島、ギリトラワンガンの情報まとめ可愛らしい席も設置されて、立ち退き以前よりパワーアップした様子。「カクテル1杯飲んだらBBQ無料」など面白いプロモーションも始めていました。

立ち退き騒動の感想と今後・・・

バリ島、ギリトラワンガンの情報まとめ今回の騒動を察知したギリ島ファンから「サマサマ・レゲエバーは大丈夫でしたか?」とメッセージがありました。ここはギリ島で一番人気のナイトクラブ。

「メインストリートより海側にあったスペースはキレイに撤去されて自転車置き場になっていたけど、クラブは以前と変わらず大盛り上がりでしたよ」というのが僕からの返信。

島中を自転車で走ってみても喪失感は全く感じられず、どちらかというと「すっきりして良かったなぁ」が正直な感想。がれきの撤去にはしばらく掛かりそうですが、あれがなくなったらギリ・トラワンガンはキレイに生まれ変わると思います。

最初に書いた「暴挙ではなく、未来への決断だったのかな?」の話し、僕は「未来への決断」の方が正しいと思ってます。

さて、最後はお約束のツアー紹介。
ツアーページ ⇒ 『ギリ島宿泊シュノーケリング with タートル』
バリ島からギリトラワンガンへウミガメシュノーケリングツアー2017年4月25日までにご参加のお客様限定で特別料金キャンペーンもやってます!!

キャンペーンの詳細 ⇒ 【特別料金キャンペーン】ギリ島宿泊シュノーケリング with タートルの販売開始です!!

ギリ島の写真だけをUPするinstagramのアカウントも作ったのでフォローお願いします。
↓↓↓instagram↓↓↓
バリ島発ギリトラワンガン宿泊シュノーケリングツアー

では、また~

COMMENT お客様からのメッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

アーカイブ

写真

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

前日5時まで予約OK!お急ぎの方はこちら

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メール・SNSから

  • mail
  • @LINE
  • messenger

写真

前日5時まで
予約受付!

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger

mail magazine

10日おきにお届け!
無料メルマガ購読フォーム

過去のメルマガはこちら

おすすめ

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

バリ倶楽部

ご予約・お問い合わせ

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

ご希望日の前日5時以降は直接お電話下さい。

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メールでのご質問・ご予約はこちら

SNSからもお問い合わせ

  • @LINE
  • messenger

ご希望日の前日5時以降は
直接お電話下さい。

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger