メイン画像

オジ

  •  (8)

【11/21(土) オンラインツアー】昔ながらの製法でヤシから作る焼酎の村を紹介

2020年11月18日


みなさん、お元気ですか?バリ倶楽部の尾島(@ojiexplorer)です。

11月21日(土)のオンラインツアーはヤシの焼酎造りの村をご案内します。

ツアー概要

今回の舞台はバリ島東部シデメン村!

空港から車で2時間で辿り着く、アグン山の麓にあり椰子から作る焼酎やソンケットと呼ばれる織物で有名なシデメン村が舞台です。

ツアーの流れ

【前半】シデメン村をぶら散歩

シデメン村を散歩

車で入って行けそうにない田舎道をぶらぶら歩きながら、椰子で作る焼酎造りのお家を訪ね、村の雰囲気をお伝えしていきます。

村の人の優しさが溢れる静かな村を案内しながら、途中でローカルのお店にもお邪魔しようと思います。

【後半】椰子から焼酎までの作り方を紹介

椰子の木焼酎作り

昔から変わらぬ製法で、どのように椰子から焼酎を作るか?その都度聞きながら皆様に紹介していきます。

椰子の焼酎アラックとは?

アラックの試飲

ココヤシから蒸留して作る焼酎で、ココヤシから黒砂糖が取れるほど糖分が高く、甘く強い焼酎です。

ガイド紹介

日本語ガイド・ムディ

バリ倶楽部ガイドのムディ
日本語ガイド・ムディ

僕・尾島と日本語ガイドのムディがご案内します。

オンラインツアーの途中と最後に質問コーナー設けます。チャットでの質問をドシドシお待ちしています。

日時&料金

日時

11月21日(土)日本時間の17時~18時 バリ島を感じる1時間です。

料金

おひとり様 1,200円でご提供させてください。

参加方法

下の画面をクリックして、チケット管理サイトのPeatix(ピーティックス)からお申し込みください。

お申込みサイトです。


申し込みから当日の流れまで一連の詳細を記事にしましたので参考にご覧ください。

備考欄

・途中参加&退出、前半後半の参加でもОK気軽にご参加ください。
・モニターオフ、音声ミュートで気楽に参加も大歓迎。
・特に用意するものはありません。気軽にご参加ください。
・ご都合が悪く参加できない方はツアー動画の購入も可能です。

天候によりツアー内容の一部の変更が生じる場合もありますがご了承ください。
またネット環境などにより不具合が生じご迷惑をお掛けする場合もございますが、出来る限り滞りなく少しでもバリ島の空気をお伝え出来るよう努めさせていただきます。

まとめ

2007年、昔ながらの生き方で、素朴で魅力が詰まった東部を盛り上げるべく、マレーシアからバリ島東部に移住しました。

移住当初、アイディアを求めてバリ東部をジムニーで探し回ってた時、車で入れない田舎道に誘われたように歩いて入っていくと、上の方で何故か話し声が聞こえました。

見上げれば焼酎の原料になる樹液を採取している最中。椰子の木に登ってる人たちが木の上で会話してたのに驚かされたのを思い出しました。

2007年の頃のシデメン村

先日訪れたら、昔とさして変わらず木に登り焼酎を作る村でした。

今もなお自然と生きるバリ島本来の姿を、オンラインツアーで楽しくお伝えできたらと思っています。

ツアー開催後

今も変わらずヤシから焼酎作るシデメン村の優しさ溢れる人と触れ合えて 最高でした!参加してくださった皆さん、ありがとうございました!

シデメン村のアラック作り
オンラインツアー

COMMENT お客様からのメッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

アーカイブ

写真

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

前日5時まで予約OK!お急ぎの方はこちら

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メール・SNSから

  • mail
  • @LINE
  • messenger

写真

前日5時まで
予約受付!

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger

おすすめ

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

バリ倶楽部

ご予約・お問い合わせ

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

ご希望日の前日5時以降は直接お電話下さい。

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メールでのご質問・ご予約はこちら

SNSからもお問い合わせ

  • @LINE
  • messenger

ご希望日の前日5時以降は
直接お電話下さい。

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger