メイン画像

サスケ

  •  (0)

バリ倶楽部WEBマガジンNo.030

2016年3月20日









*|MC:SUBJECT|*


No.030-3月20日

登録解除をご希望の方はメール末尾をご確認ください

こんにちは、バリ倶楽部日本人スタッフのさすけ(@sasuke80)です。
今月もバリ倶楽部ウェブ・マガジンをバリ島からお届します。
こんなメールはいらない!という方は大変お手数ですがこのメールの末尾に登録解除が簡単にできます。ご迷惑おかけいたします。申し訳ございません。

このウェブ・マガジンは役に立つような、参考になるブログ記事、
日々忙しい中でバリ島の癒しを感じてくれたら嬉しいです。
また、僕がバリ島の日常生活で感じたことを「さすけのぽかーん亭日記」
でまとめています。よろしくお願いします。



【お気に入りのブログ記事】


一度は行くべき!バリ島の美しいライステラス5選

バリ島の魅力の一つといえば、綺麗なライステラスにヤシの木。バリっぽく感じるこの景観はバリ中にありますけどおすすめの5つのライステラスを紹介します。


バリ島の寺院に行きたい・参拝したい方におすすめしたい9つの寺院

バリ島旅行で必ずみんなが訪れるのはバリ島の寺院。有名なタナロットやタマンアユン寺院。ウルワトゥ寺院やブサキ寺院。折角いくなら綺麗な寺院、バリ島にとって大事な寺院、もう少し本格的な参拝がしたいという方にはぜひ参考にして下さい。


赤字になってもやりたい!バリ倶楽部の学割

 

まだまだやりますよ~
3月31日までやりますよ~
バリ倶楽部の学割

 
【その他の記事】
 
【さすけのぽかーん亭日記】


 
【ぽかーん亭:現在僕が住んでいる家の一番好きな場所。ぽかーんとするガゼボのような建物。僕が勝手に作った名前ではなくて、バリ島の伝統の建物。バリ語ではバレ・ブンゴン(Bale Bengong)といいます】

【さすけ:1980年生まれ、1985~2002年はバリ島で暮らし、 2002~2013年は日本で暮らし、2014~現在はバリ島のバリ倶楽部で働いてます。】
 

前回に続き、今回から自分の生い立ち、幼少期からバリ島での面白かったり面白くなかったり経験を書こうと思います。
今回は僕が高2の時の話しです。

日本の教育を受けたことがないので、日本の高校生はどんなもんなのかは分からないですけど、僕はアホですね(笑)。勉強しないでくだらない事ばっかりやっていました。

当時のバリ島(1996年)の学生の習慣といえば、友達のニックネームを親の名前で呼び合うのが学生あるある。日本の皆さんからすると「何がオモロイねん!」という話ですけど、当時のバリ島のオトン達の名前が「ベッドさん」だったり、「こびとさん」だったり、「真っ黒さん」だったりでストレートすぎていじらない方が不自然なくらい面白い名前がついてたんです。

当然高校生の僕らもあだ名か親父さんの名前で呼び合っていました。
僕のクラスメートで親父さんの名前が「枕さん」という子がいて、枕さんは無職で闘鶏ばっかりやっていて、かなりキャラクターがきわたっている親父さんでした。
僕たちはその子のことを「枕」と呼んでいました。仲のいい友達だし彼も諦めていたのか、徐々に違和感なく「枕」があだ名として定着していました。

バリ島は狭いですね~
どのルートで知ったのか分からないですけど、可愛い子供が自分の名前で呼ばれていて、いじられていると「枕さん」の耳に入り、授業中に僕らのクラスのドアをどーーーん!と一発蹴りを入れながら乱入しました。枕さんは大きなデバ包丁のような刃物を片手に「俺を呼んだのはどいつだっ!」て叫んだ。
生徒はピクリともせずみんな下を向き、先生は一生懸命「まぁ~まぁ~お父さん」といいながら落ち着かせようとしてた。「今度呼んだら許さん!」といいながら枕さんは去って行った。

所詮165㎝の無職で闘鶏ばっかりやっている親父さんなので、そんなに怖くなかったです。笑
それ以来はもちろん仲がいいし、本人も諦めていたので卒業するまで、いやっ。。。今も彼のあだ名は「枕」です。

親が学校へ乱入して我が子を守る。良いか悪いか別にして当時のバリ島では珍しくないことです。元々いじられることがあっても虐めは少ないバリ島の学校。除外するような虐め方や人間性を否定するような虐め、暴力などは絶対にしないバリ島。
日本の教育現場での虐めの深刻さ、その関連のニュースを読んだりすると必ず「枕さん」の顔を思い出します。デバ包丁を片手に声を荒げながら我が子を守ろうとしているお父さん。
ストレートで、人間くさくて、必死で。。。闘鶏ばっかりやっている無職でしたけど僕はかっこいいなと思いました。
デバ包丁はやりすぎかも知りませんが、日本にもこういうお父さんがいてもいいんじゃないかなとたまに思います。
独身の僕がいうのも何なんですけど。

バリ倶楽部は


バリ島の自然と遊び、文化に触れるをテーマにした


オプショナルツアー会社です。



↓↓↓バリ倶楽部ホームページを見る
【バリ倶楽部のSNSはこちら】
↓↓

Share
Pin
+1

Copyright © *|CURRENT_YEAR|* *|LIST:COMPANY|*, All rights reserved.

Our mailing address is:
*|HTML:LIST_ADDRESS_HTML|* *|END:IF|*

Want to change how you receive these emails?
You can update your preferences or unsubscribe from this list

*|IF:REWARDS|* *|HTML:REWARDS|* *|END:IF|*

お友達にバリ倶楽部WEBマガジンをおすすめする
登録フォームはこちら⇒http://eepurl.com/bnwgYL




登録解除をご希望の方は、以下のリンクからメールアドレスをご入力ください。

バリ倶楽部WEBマガジンの登録を解除します



COMMENT お客様からのメッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

アーカイブ

写真

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

前日5時まで予約OK!お急ぎの方はこちら

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メール・SNSから

  • mail
  • @LINE
  • messenger

写真

前日5時まで
予約受付!

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger

mail magazine

10日おきにお届け!
無料メルマガ購読フォーム

過去のメルマガはこちら

おすすめ

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

バリ倶楽部

ご予約・お問い合わせ

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

ご希望日の前日5時以降は直接お電話下さい。

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メールでのご質問・ご予約はこちら

SNSからもお問い合わせ

  • @LINE
  • messenger

ご希望日の前日5時以降は
直接お電話下さい。

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger