メイン画像

キコ

  •  (0)

バリ衣装でブサキ寺院、祈り参拝体験ツアー

2014年12月14日

 
バリ島の寺院で必ず目にする色とりどりの正装に身を包んだ参拝者
女性はもちろん、男性もカッコイイ鉢巻(ウダン)を巻いてる姿に憧れがあると思います。
 
でも、観光客として正装体験をしようと思うとフォトツアーしか見当たらない・・・
寺院観光をメインで考えると、わざわざバリ衣装を着るツアーは見つからない・・・
 
このツアーを作った目的はバリ衣装を着ることではないんですが、
写真が良く撮れたので先ずはツアー風景をご紹介したいと思います。
絶景レストランでバリ衣装に着替え
男性はガイドが、女性はレストランの女性スタッフが
着替えを手伝ってくれます
ちょうど景色がキレイなのでここで写真撮影

着替えてから車で15分ほどの
バリ・ヒンドゥー教の総本山ブサキ寺院へ
ブサキ寺院と言うと、ここの写真が一番有名ですが、
広大な敷地には大小20以上もの寺院があります
写真向かって左側がシヴァ神を祀る寺院
右側がカーストに基いたご先祖様を祀る寺院
シヴァ神を祀る中心の寺院は、バリ島全ての寺院の中心と言えます

ここで、バリ・ヒンドゥー式の参拝体験
ガイドの説明を聞いてから手を合わせると
バリ島の人たちの祈りが少しだけ理解できた気がします

バリニーズスタイルで記念写真
寺院の敷地は物凄く広く・・・
迷路みたいな細道が入り組んでます
途中のお土産屋さん
ちょっとココナッツ休憩
その他にもちょっと変わったお土産が売ってたりします
 
ブサキ寺院は東西南北の各方角と中心の
5つの寺院でバランスを保っていると言われています
こちらは、東の方角の寺院
グラップ寺院
敷地内え一番高い位置にあるので景色がキレイ
ここでは観光客を見ることがほとんどありません
石造りも一番インパクトがあります
太陽の神様を祀る寺院で
暗い気持ちの時に参拝すると、明るく照らしてくれるそうです
 
中心の寺院に下りてくるとたくさんの観光客
ブサキ寺院と言っても場所によって雰囲気が全然違います

ブサキ寺院拝観の最後に訪れたのはゴア・ラジャ(王の洞窟)
地元の人たちはここで死者の魂を迎えます
 
寺院拝観が終わったら絶景レストランのもどって昼食

ビュッフェスタイルなので好きなだけ食べてください

さて、最初に書いたツアーを作った目的ですが、
一番はバリ島の文化をしっかりと伝えようと言うことです。

バリ島の重要寺院が各方角に建てられた意味
バリ島民の生きるコンセプト「トリ・ヒタ・カラナ」と「ルワ・ビネダ」
祈り参拝の意味

このガイドをするなら、ブサキ寺院で実際に参拝しようと考えたのがきっかけで、
市場見学やバリ衣装体験が加わりました。

バリ島に来ると異文化の神秘的な光景を目にすることが多いです。
もし、上に書いたような知識があると見る目が変わると思います。
だから、本当は旅行初日に参加してもらいたいツアーです。

バリ衣装体験は華やかですが、写真撮影だけでなく
しっかりとバリ島文化を伝える良いツアーになっていると思いますよ。

僕も仕事ではなく、嫁さんを連れて参加したいツアーです。
新婚旅行や女子旅行におすすめですよ。

それでは、頑張って宣伝したいと思います!!!!

バリ島で一番熱くてマニアなツアー会社!バリ倶楽部のホームページはこちら バリ倶楽部のホームページへ

COMMENT お客様からのメッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

アーカイブ

写真

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

前日5時まで予約OK!お急ぎの方はこちら

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メール・SNSから

  • mail
  • @LINE
  • messenger

写真

前日5時まで
予約受付!

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger

mail magazine

10日おきにお届け!
無料メルマガ購読フォーム

過去のメルマガはこちら

おすすめ

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

バリ倶楽部

ご予約・お問い合わせ

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

ご希望日の前日5時以降は直接お電話下さい。

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メールでのご質問・ご予約はこちら

SNSからもお問い合わせ

  • @LINE
  • messenger

ご希望日の前日5時以降は
直接お電話下さい。

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger