メイン画像

キコ

  •  (2)

【ガイド目線】シュノーケリングに防水スマホケースは必要ありません!!と思う3つの理由

2019年9月14日


「防水ケースに入れたらスマホ持っていっても大丈夫ですか?」

大丈夫です。(大丈夫ですけど、シュノーケリング中はスマホを持ってない方が楽しめると思いますよ・・・)と言うのがガイドの本音。

なんでシュノーケリングする時にスマホを持っていかない方が良いのか?その理由を3つご紹介いたします。

~関連情報~
バリ倶楽部の離島シュノーケリングツアー
【シュノーケリング情報】レンボンガン島で地球の宝物に出会う

スマホじゃ上手く撮れない

水中じゃシャッターが押せないんです。タッチパネルが反応しない。機種によっては音量ボタンでシャッターを切れますが・・・ピントが合わない。

防水ケースに入れるとピントがケースの方に合ってしまって、肝心の魚やサンゴはボケてしまいます。手動でピントを合わせようにもタッチパネルが反応しない。

だから動画モードにして録画を押してから水中に入れる・・・と、撮れるは撮れるんですが、ぶれちゃうし、ボケちゃうし残念動画になっちゃいます。

撮影に必死になっちゃう

シャッターが押せない。ピントが合わない。どうにかしようと立ち泳ぎの状態が続きます。足元を綺麗な魚が泳いでいるのにもったいないと思うんです。

僕らがご案内しているレンボンガン島の海は素晴らしいの一言。できれば目で見て、肌で感じていただきたい!!これがガイド目線です。

ケース内で水没・・・

防水ケースが悪いのか?閉め方があまかったのか?気付いた時には完全水没状態の時があります。

まとめ

3-4-1「シュノーケリングの楽しみ方は人それぞれ」と思いながらも、「今です!!見てください!!そこに魚いますよ!!群れてますよー!!」と言うのがガイド目線。

シュノーケリングを楽しむコツは「海に顔をつけること」これ絶対。
DCIM100GOPROGOPR1052.JPG海の中を写真や動画に残すなら防水カメラが必須。

写真だったら発色の綺麗なオリンパスのTGシリーズ。海面から動画撮影するならGoProのHERO7か、OSMO ACTIONがおすすめです。ちゃんとおすすめする理由もあるので、そこら辺はまた今度記事にします。

さて、こんな記事を書いたら「バリ倶楽部の防水カメラレンタルサービス」って流れにしたいとこですが・・・やってないんだよなぁ。レンタルサービス。詰めが甘いなぁオレ!!

↓↓シュノーケリング専門ツアーは写真撮影サービスがあります!!
OLYMPUS DIGITAL CAMERAレンボンガン島 & ペニダ島シュノーケリング with マンタ

まぁとりあえずスマホじゃ上手く撮れません。上手く撮れないのでシュノーケリングの時はスマホを置いていきましょう。そして海に顔をつけましょう。

では、また~

COMMENT お客様からのメッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

アーカイブ

写真

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

前日5時まで予約OK!お急ぎの方はこちら

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メール・SNSから

  • mail
  • @LINE
  • messenger

写真

前日5時まで
予約受付!

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger

mail magazine

10日おきにお届け!
無料メルマガ購読フォーム

過去のメルマガはこちら

おすすめ

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

バリ倶楽部

ご予約・お問い合わせ

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

ご希望日の前日5時以降は直接お電話下さい。

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メールでのご質問・ご予約はこちら

SNSからもお問い合わせ

  • @LINE
  • messenger

ご希望日の前日5時以降は
直接お電話下さい。

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger