メイン画像

バリ島で一番美しい寺院、タマンアユン寺院Taman Ayun Temple

最終更新日:2017年7月31日

さすけ

バリ島世界遺産タマンアユン寺院

一言でいうとこんな場所

  • 場所:バリ中部
  • 入場料:Rp.20,000
  • 時間:朝〜夕方まで
  • 所要時間:20分(参拝する場合は40分)

タマンアユン寺院(Taman Ayun)は世界に誇るバリ島の美しい寺院でバリ島の世界遺産に認定された寺院です。現在はバリ島の世界遺産を知るうえでマストなスポットになっています。バドゥン県のムングウィ郡にあるこの寺院は「美しい庭園」という意味ですが、建てた当初はタマンアフユン寺院と呼ばれており「望みが叶う庭園」という意味です。タマンアユンは庭園だけではなく、名前通り寺院でもあります。タマンアユン寺院は:水の神殿、水の恵みに感謝する寺院とバリ島の大事な寺院の支社と王族の先祖が祭られている寺院です。

タマンアユン寺院の写真

タマンアユン寺院の庭園
タマンアユンの本殿
バリ島世界遺産タマンアユン寺院

もっと見る

タマンアユン寺院3つの見所

  1. 1.世界遺産の寺院

    タマンアユン寺院は水の神殿と言われ、水や豊穣、繁栄への感謝する寺院で、灌漑を管理する場所でもあります。その地域の棚田に流すための水を管理する施設ということです。 タマンアユンは水の神殿や水利システムを管理する施設としては一番大きく美しい寺院としてUNESCOに評価され、世界遺産として認められました。

  2. 2.美しい庭園

    タマンアユン寺院は当初庭園として建設だれたので、美しさを重視して建てられました。中国出身のお坊さんが設計したこともあり忠実に風水を用いて建てたそうです。

  3. 3.謎多い歴史

    タマンアユン寺院は1634年に完成されて、当時のムングウィ王国の王様、イ・グスティ・アグン・プトゥが建てたのが多くの人も知っていますが、設計した人物は知られていないのが現状です。実はタマンアユン寺院を設計して建てたのは陳府真人(タンフチンジン)という中国出身の道教のお坊さんです。一夜にして完成したなどの都市伝説もありますが、3年かかったとも言われています。この全ての情報は多くの人に知られておらず、謎多き寺院です。詳しくは僕のブログ記事「バリ島世界遺産・タマンアユン寺院と建設した謎の中国人」をご覧ください。

タマンアユン寺院の行き方

自分で行く場合

  • 移動手段:車
  • 移動時間:
  • ヌサドゥア:90分
  • ジンバラン:90分
  • クタ・レギャン:60分
  • スミニャック:45分
  • チャング:30分
  • ウブド:40分

その他の知恵袋

関連ページ

写真

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

前日5時まで予約OK!お急ぎの方はこちら

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メール・SNSから

  • mail
  • @LINE
  • messenger

写真

前日5時まで
予約受付!

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger

mail magazine

10日おきにお届け!
無料メルマガ購読フォーム

過去のメルマガはこちら

おすすめ

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

バリ倶楽部

ご予約・お問い合わせ

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

ご希望日の前日5時以降は直接お電話下さい。

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メールでのご質問・ご予約はこちら

SNSからもお問い合わせ

  • @LINE
  • messenger

ご希望日の前日5時以降は
直接お電話下さい。

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger