メイン画像

サンゴ礁に囲まれた絶景の楽園、ペニダ島Penida Island

最終更新日:2017年7月31日

さすけ

ペニダ島のアトゥビーチ

一言でいうとこんな場所

  • 場所:バリ島の離島 
  • 手段:パブリックボート・フェリー
  • バリ島から:サヌール・ブノア・パダンバイ
  • 所要時間:45分~50分(詳しい行き方は記事の末尾をご覧ください)

ペニダ島はバリ島東部にある離島でバリ島東部の離島3島の一つ。レンボンガン島、チュニンガン島、そしてひときわ存在感のあるペニダ島です。珊瑚と石灰岩の丘陵が多く存在するペニダ島はバリ島南部のウルワトゥと地形が良く似ていて大地がすごく乾燥しています。

500万年と推定されているペニダ島の地形は農作物が育ちにくいやせた土壌で、キャッサバ芋やトウモロコシしか育ちません。しかしほとんどの島民は農家で勤勉さがうかがえます。

宮古島より少し広い、191平方キロメートルのペニダ島の人口は約4万人。美しいビーチとサンゴ礁、マンタやマンボウのような珍しい海の生き物が一年中みれるため、シュノーケリングやダイビングスポットとしても有名です。その他ユニークな寺院、ペニダ島発祥の踊り、食べ物や織物があって、島独自の文化も面白いです。

ペニダ島の写真

ペニダ島の北側にある、クタンピビーチ
ペニダ島のトヤパケ、ウォールポイント
凄く綺麗なアトゥビーチ

もっと見る

ペニダ島3つの見所

  1. 1 一番のサンゴ礁とマンタ

    ペニダ島はバリ島もひっくるめてベストなシュノーケリングとダイビングのスポット!珊瑚の健康率と珍しい種類がバリ島で一番!また、一年中マンタがみれるのは世界規模でも希!ペニダ島だけです。

  2. 2 壮大な自然と隠れ家ビーチ

    ペニダ島は綺麗なビーチと壮大な自然のパノラマが古代からそのまま残っていて、恐竜が出てきそうで神秘的。

  3. 3 ユニークな寺院と優しい人達

    本殿に車の形をしている祠や、バリ島の要塞という意味の災害からバリ島を守っている寺院もありとてもユニークです。島民は凄く上品で穏やかな方が多く、気さくで優しいです。

ペニダ島の行き方

自分で行く場合

  • 移動手段:スピードボート
  • 移動時間:
  • パダンバイ(フェリー):60分
  • サヌール(スピードボート):50分
  • ブノア湾(クルーズ):90分

サヌールからのスピードボート

  • カスプラ社、マルティ社、マリナスリカンディ社、モラモラ社
  • サヌール発:7:30、9:00、16:30
  • ペニダ島発:7:00、8:00、15:30
  • 料金:往復Rp.500,000~Rp.550,000(4200円~4500円)

他の知恵袋

関連ページ

写真

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

前日5時まで予約OK!お急ぎの方はこちら

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メール・SNSから

  • mail
  • @LINE
  • messenger

写真

前日5時まで
予約受付!

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger

mail magazine

10日おきにお届け!
無料メルマガ購読フォーム

過去のメルマガはこちら

おすすめ

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

バリ倶楽部

ご予約・お問い合わせ

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

ご希望日の前日5時以降は直接お電話下さい。

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メールでのご質問・ご予約はこちら

SNSからもお問い合わせ

  • @LINE
  • messenger

ご希望日の前日5時以降は
直接お電話下さい。

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger