レンボンガン島 & ペニダ島シュノーケリング

紹介者

バリ島・レンボンガン島・ペニダ島シュノーケリング素潜りツアー
名 前 キコ
趣 味 素もぐり・サーフィン
ブログ キコの投稿 更新中!

レンボンガン島で毎日のようにシュノーケリングする内に素潜りにハマりました。今では素潜りが生涯の趣味になったと感じています。

300種類の珊瑚と570種類の熱帯魚

バリ島から東に18kmの距離にあるレンボンガン島・ペニダ島は、珊瑚と熱帯魚にとって正しく楽園といえる豊かなフィールド。島の周辺は絶えず海流・潮流があるので海水が淀むことなく、海水温が上がり過ぎることがありません。その為、珊瑚の健康状態が良いのが一番の特徴です。
ポイントを少し移動するだけでも珊瑚の種類が変わり、それに合わせて魚の種類も変わります。この特集では島周辺のシュノーケリングポイントと、素潜りの楽しみ方とコツをご紹介します。

バリ島・レンボンガン島・ペニダ島シュノーケリング素潜りツアー

ポイントマップ

レンボンガン島の北部は全て珊瑚礁で、島民からはマングローブポイントと呼ばれています。ペニダ島西部も全て珊瑚礁になっていますが、入江ごとにポイント名がついています。

レンボンガン島
A) マングローブポイント
ペニダ島
B) GTポイント
C) ウォールポイント
D) ガマットベイ
E) クリスタルベイ
F) マンタベイ

レンボンガン島 & ペニダ島シュノーケリングポイント紹介

  • A) マングローブポイント

    バリ島・レンボンガン島・ペニダ島シュノーケリング素潜りツアー

    レベル:★★☆☆☆
    ミドリイシ(エダサンゴ)が広範囲に広がるポイント。流れの速い日は写真のようなデバススズメダイの群れが見れます。

  • B) GTポイント

    バリ島・レンボンガン島・ペニダ島シュノーケリング素潜りツアー

    レベル:★★★☆☆
    1mもある巨大魚ロウニンアジ(GT)が見れるポイント。でもクルーズ会社が餌付けしているので自然の姿ではありません。

  • C) ウオールベイ

    バリ島・レンボンガン島・ペニダ島シュノーケリング素潜りツアー

    レベル:★★★★☆
    珊瑚と魚の種類が最も多く色合いも鮮やかなポイント。珊瑚の近くにはたくさんのキンギョハナダイが泳いでいます。

  • D) ガマットベイ

    バリ島・レンボンガン島・ペニダ島シュノーケリング素潜りツアー

    レベル:★★★☆☆
    小さな入江になっているポイント。魚の種類は多いが、海底は珊瑚と砂底が半々なので、波がある時は白く濁ります。

  • E) クリスタルベイ

     バリ島・レンボンガン島・ペニダ島シュノーケリング素潜りツアー

    レベル:★★☆☆☆
    流れがほとんどないポイント。海底は場所によって珊瑚と砂底に分かれています。波が高い日は白く濁ります。

  • F) マンタベイ

    バリ島・レンボンガン島・ペニダ島シュノーケリング素潜りツアー

    レベル:★★★★★
    マンタと一緒に泳げるポイント。7~9月は特に遭遇率が高い。波の影響を受けやすく、ポイントに行けないこともあります。

レンボンガン島 & ペニダ島の海中動画

  • マングローブポイント
    (再生時間 1:35)

  • ウォールポイント
    (再生時間 0:18)

  • マンタベイポイント
    (再生時間 0:22)

素潜りの楽しみ方とコツ

シュノーケリング大好き!!素潜りに挑戦したい!!そんな方のために素潜り入門、上手く潜れない理由からプールで練習する初めの一歩をご紹介します。

素潜りで最も多い3つのお悩みQ & A

Q) 体が思うように沈まない、浮いてきてしまうのはなんで?
A) 立ち泳ぎの状態から斜めに潜ってしまうからです。
素潜りは自分の体の重さを使って潜ります。体の中で重いのは頭と下半身の筋肉です。潜り始めで逆立ちのような状態になり正しく体の重さを使えれば、手も足も使わずに自分の身長くらいは潜れます。
ほとんどの人は立ち泳ぎの状態から勢いをつけて斜めに潜り始めるので、体の重さを十分に使うことができず、なかなか潜ることができません。うつ伏せの状態から真下に潜るのがポイントです。
Q) 息が長く続かないのはなんで?
A) 緊張と力の使いすぎが原因です。
これも体の知識から、体の中で酸素をたくさん使うのは頭と筋肉です。頭を使わず(緊張せず)なるべく下半身の筋肉を使わないことで長く潜れるようになります。
緊張しないのは難しいですが、下半身の筋肉を使わないようにするのは簡単です。潜り始めのフォームが上手になればキック(ばた足)の回数が減るので、それだけで長く潜れます。そして何よりもリラックスするのがポイントです。
Q) 耳抜きが上手くできないのはなんで?
耳抜きの回数が少ないかも知れません。
耳抜きは潜り始めの水深0m(海面)で一度抜きます。その後は抜けた状態をキープするように耳を抜き続けながら潜っていきます。最初にしっかり抜けていれば鼻を摘ままなくても抜けるようになります。
耳が水圧で痛くなってから耳抜きしている人が多く、水圧が強くなればなるほど耳抜きは難しくなります。先ずは陸上と同じで簡単に耳抜きできる水深0m(海面)で抜く、そのまま耳を抜き続けるのがポイントです。

プールで練習する初めの一歩

水深1.5mのプールで1時間くらい練習すれば上で書いた3つのお悩みは解決できます。写真で基本フォームを紹介するので、シュノーケリングツアーの前にホテルで練習してみてくださいね。

  • 1) うつ伏せで浮かぶ

    バリ島・レンボンガン島・ペニダ島シュノーケリング素潜りツアー

    うつ伏せに浮かんで手を真っ直ぐ下しリラックスします。マスクを付けて練習する場合は深呼吸するようにしてください。

  • 2) 腰から90度にお辞儀する

    バリ島・レンボンガン島・ペニダ島シュノーケリング素潜りツアー

    真下を見たまま90度にお辞儀します。この時に手を使わないのがポイント、1)と同じく手は下げたままにしてください。

  • 3) 膝を曲げずに足を上げる

    バリ島・レンボンガン島・ペニダ島シュノーケリング素潜りツアー

    頭の重みで沈んでいくのを感じたら、膝を曲げずに足を上げ体を真っ直ぐに伸ばします。逆立ちのように足を上げてください。

このフォームを練習すると、手足を使わずに自分の重さだけで体が沈むようになります。水深1.5mのプールで練習する場合は手足を使わずにプールの底に胸がつけばOKです。
写真3)の「膝を曲げずに足を上げる」が難しい時は、パートナーに膝を持ってもらい、真上に上げる練習をしてください。フォームができるようになったらプールの底でどのくらい息を止められるか試してみてください。1.5mあれば水圧もあるので耳抜きの練習もできます。
海に出て素潜りする時はプールで練習したフォームをそのままに、足が海に入ったらキック(ばた足)をします。無駄な力を使わないので長く潜れるようになりますよ。

バリ島・レンボンガン島・ペニダ島シュノーケリング素潜りツアー

レンボンガン島でシュノーケリングしよう♪

  • バリ倶楽部で一番人気のあるツアー。レンボンガン島で欠かせないマングローブ探検とシュノーケリングのセットになってます。

    バリ島発レンボンガン島マングローブ&シュノーケリングツアー

    レンボンガン島マングローブ&シュノーケル

    時間:9時間
    料金:115ドル

  • マングローブの森をパドルボートで探検するツアー。美しい海でシュノーケリングもできます。

    バリ島発レンボンガン島パドルボード&シュノーケリングツアー

    レンボンガン島パドルボード&シュノーケル

    時間:9時間
    料金:135ドル

  • 「世界さまぁ~リゾート」の撮影箇所を巡るツアー。1日で島内観光もシュノーケリングも堪能できます。

    バリ島発レンボンガン島内観光ドリームビーチ&シュノーケリングツアー

    レンボンガン島シュノーケル&ドリームビーチ

    時間:9時間
    料金:150ドル

  • 色々なポイントに行きたい!!素潜りに挑戦したい!!そんなお客様の為のシュノーケリング専門ツアー。

    バリ島発レンボンガン島&ペニダ島シュノーケリング専門ツアー

    レンボンガン島&ペニダ島シュノーケリング

    時間:9時間
    料金:170ドル

分からないことがある?
SNSで聞いてみよう!
  • Facebook
  • Instagram
  • Line
  • Twitter

写真

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

前日5時まで予約OK!お急ぎの方はこちら

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メール・SNSから

  • mail
  • @LINE
  • messenger

写真

前日5時まで
予約受付!

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger

mail magazine

10日おきにお届け!
無料メルマガ購読フォーム

過去のメルマガはこちら

おすすめ

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

バリ倶楽部

ご予約・お問い合わせ

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

ご希望日の前日5時以降は直接お電話下さい。

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メールでのご質問・ご予約はこちら

SNSからもお問い合わせ

  • @LINE
  • messenger

ご希望日の前日5時以降は
直接お電話下さい。

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger