メイン画像

サスケ

  •  (0)

バリ島とウォレスとドリアンと自分

2015年4月28日


皆さんドリアンは好きですか?
ほとんどの方は苦手だと思いますが(笑)
フルーツの王様と呼ばれ僕も大好きです。
ドリアンはインドネシアやマレーシアが原産地のフルーツでバリ島でも一番のフルーツ。
東南アジアでは古くから重宝されたフルーツで
西洋人が初めて口にしたのが14世紀ごろと言われています。
その感想はとてもヒドイものです(笑)
「完全にドロドロした腐ったニンニク!」
「ラスベリーブランマンジェをトイレで食べるかのようだ」
「ニンニクや豚の糞を靴下で混ぜ合わした匂い」
(苦笑)
その中でも僕が感銘をうけて一番好きな表現は
1856年にアルフレッド・ラッセル・ウォレスが書いたドリアンを食べた感想です。
「このフルーツを表現するには濃厚なカスタードとアーモンドのような香りが相応しい。
ときにはクリームチーズやオニオンソース、シェリー酒のような香りが漂う。
粘着性のある滑らかな口当たりは唯一無二であり、それが珍味としての価値を増す。
酸っぱくもなく甘くもなく、決してジューシーでもないがそれらが不足とも感じさせない、
そのものが完璧である。
吐き気や悪影響を及ぼすこともなく、食べれば食べるほどやめられない。
実にドリアンを食べるのは新感覚の経験であり、そのために東洋へ旅する価値がある。」
さすがですね~
どこのなんのソムリエでもこの表現力には敵わない
ウォレスはウォレス線という
バリ島とロンボック島、ボルネオ島とスラウェシ島の間に
生物の分布境界線を発見した人物です。
ウォレスは線の西側と東側には異なった哺乳類や鳥が生殖しており
以前より陸続きではなかったと結論に至った。
ウォレスは1854年から8年間
インドネシア各地をバックパッカ―の旅をしました
紹介書を頼りに奥地に行ってはオランウータンやゴクラクチョウ
昆虫や蝶の標本を収集し母国イギリスに送ってました。
晩年は心霊や催眠術、スピリチュアルやUFOのことにも興味を持ち
それに関する本を執筆したり少し変わった人物ですが
ダーウィンと共に進化論を確立したすごい人物です。
僕はウォレスもウォレス線も恥ずかしながら最近しりました。
ウォレスが書いた「マレー諸島」という本にハマっていま読んでます。
冒険や探検でいっぱいです。
皆さんも是非よんでみてください
ドリアンも食べてみようと思うかも知りません(笑)


http://oji-baliclub.com/

書き手

  • サスケ
  • キコ
  • アサミ
  • ヒデ

アーカイブ

写真

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

前日5時まで予約OK!お急ぎの方はこちら

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メール・SNSから

  • mail
  • @LINE
  • messenger

写真

前日5時まで
予約受付!

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger

mail magazine

10日おきにお届け!
無料メルマガ購読フォーム

過去のメルマガはこちら

おすすめ

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

バリ倶楽部

ご予約・お問い合わせ

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

ご希望日の前日5時以降は直接お電話下さい。

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メールでのご質問・ご予約はこちら

SNSからもお問い合わせ

  • @LINE
  • messenger

ご希望日の前日5時以降は
直接お電話下さい。

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger