メイン画像

サスケ

  •  (0)

バリ島寺院の中に入る時の3つのルール

2015年6月20日


バリ島のヒンドゥー教はとても柔軟な宗教だと思います。
儀式やルール、しきたりはいっぱいあるけれど最終的には
個々がどういう心で神様と向き合うのかが一番大事で、
その他は家族や地域が決めたマナーであり
絶対「こうしなきゃいけない、あーしなきゃいけない」は人間が作ったルールで
宗教の教えと本質よりルールが上回らないように日々の会話やあらゆる
場面で意識をして本質から脱線しないようにしています。
とはいっても、最低限のマナーは必要ですので
聖なる場所の寺院に入る時は肉体的にも精神的にも清らかな状態で入りましょう
ということです。

清らかでない状態をバリ語ではCuntaka「チュンタカ」といいます
こういう時に寺院に入るのは避けましょうというルールがあります。
清らかなでない状況とは

1.身内に不幸があった時。
家族に誰かが亡くなった時のことです。ルールは地域によって様々ですけど
3日間から最長30日間まで寺院やお祈りを避ける方も。
身内とははとこまでが一般的です。
2.生理中
バリ島のヒンドゥー教では血と死体は清らかでないと信じられていて
亡くなった方を他宗教のようにモスクや教会でお祈りを捧げることはないです。
お葬式は全てお墓や浜辺でとり行われます。
3.出産後
出産後42日間控える方がほとんどです。
そして3か月未満の赤ちゃんも寺院に行くことを控えます。
そういう時にバリ島の人たちは寺院には行きません。
よく寺院の入口に「生理中の方は入ることを避けてください」と書いております。

ヒンドゥー教の聖書にはそういう教えはないので、
入ってもいいっていう方も増えてきてますが
 一応マナーとして控えたほうがいいと思います。

バリ島のエキスパート、バリ倶楽部のホームページはこちら

バリ倶楽部のFACEBOOKはこちら

バリ倶楽部WEBマガジン
毎月10日、20日、30日はバリ島を感じる日

登録フォーム

書き手

  • サスケ
  • キコ
  • アサミ

アーカイブ

写真

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

前日5時まで予約OK!お急ぎの方はこちら

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メール・SNSから

  • mail
  • @LINE
  • messenger

写真

前日5時まで
予約受付!

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger

mail magazine

10日おきにお届け!
無料メルマガ購読フォーム

過去のメルマガはこちら

おすすめ

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

バリ倶楽部

ご予約・お問い合わせ

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

ご希望日の前日5時以降は直接お電話下さい。

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メールでのご質問・ご予約はこちら

SNSからもお問い合わせ

  • @LINE
  • messenger

ご希望日の前日5時以降は
直接お電話下さい。

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger