メイン画像

サスケ

  •  (1)

バリ島登山日記、第1回目プチャッ・ボン山

2016年3月7日


こんにちは、バリ倶楽部日本人スタッフのさすけ(@sasuke80)です。 2016年の個人的な目標はバリ島の山々を完全制覇することです。
バリ島には少なくても24山の山々があり、三重県ほどの面積(東京都の2倍以上)のバリ島にしては山が多いですよね。
日本の山の多さにはかなわないですけど、バリ島の北部は山地でアグン山(3142m)が唯一の3000m級の山で、2000m級は5山で残りは1000m~2000mです。
バリ島の最高峰アグン山を目標に、いやっ。。。ジャワ島のスメル山(3676m)を目標に仲間と一緒に2016年中にある程度のバリ島の山を登ろうと計画しています。
この計画は2月21日にもう既にスタートして、毎週山登ってます。(^.^)
その登山の様子や山の紹介をしようと思います。

でもココはバリ島です。山は神聖な場所、神様が宿る場所。山頂には寺院があったりで折角なので、ただの登山だけじゃなくて参拝しに行こうという計画です。
最初はバリ島の北部ベラタン湖周辺の山々から攻めようということで、プチャッ・ボン山(1364m)が最初の山になります。

バリ島の山々は山頂だけではなくて、その麓にも必ずその山を崇拝する寺院があります。 頂上をめざす前に必ず祈願をしてからあがります。
プチャッ・ボンの麓にある寺院はプナタラン・プチャッ・ボン寺院といいます。
お祈りしたあと後にいよいよ、登山スタートです!登山のスタート地点はバドゥン県ペタン区にあるボン村です。

熱帯林の山道を歩き約1時間半、山の中腹にあるマディヤ寺院に等着!

ココで少し休憩をとりながらランチタイム!
今日のランチは(今後もずっと)バリ島のお米のみの伝統的なおにぎり、ティパットとゆで卵と納豆フライ(テンペ)。
この時点で僕の足は2匹のヒルにやられてます(^_^;)。 このあたりの山は霧がかっていることが多く、ましてや今は雨季。常に濡れているのでヒルに注意!
まぁ~痛くも痒くもないので塩を塗って終了です。ビーサンで登った僕が悪いです。しかも少し雨が降っていたのでめちゃめちゃ滑ります。
登る方には登山靴がおススメです。

その後の道のりは結構ハードです。雨が降っていてめちゃめちゃ滑るのと、45度以上の傾斜が続きます。ココからは更に1時間の道のり。

でも、花の香りを楽しみながら、かっこいい大木や面白いシダ植物を観察しながら歩くとあっという間に着いちゃいます。

。。。頂上に等着! 頂上には素朴な祠が3つあり、500年前にたてられたと言われています。

頂上着いた瞬間土砂降りの雨が降り、くだりは転びながら下りました。
怪我なく1時間半で麓に着きましたけど、また3匹のヒルを連れてきました。笑
来週はマング山に登りま~す。

バリ島登山日記、第2回目プチャッ・マング
バリ島登山日記、第3回目レスン山
遭難しました~バリ島登山日記、第4回目アデン山

バリ島の自然の色を紹介するツアー会社。バリ倶楽部のホームページへ。

書き手

  • サスケ
  • キコ
  • アサミ
  • ヒデ

アーカイブ

写真

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

前日5時まで予約OK!お急ぎの方はこちら

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メール・SNSから

  • mail
  • @LINE
  • messenger

写真

前日5時まで
予約受付!

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger

mail magazine

10日おきにお届け!
無料メルマガ購読フォーム

過去のメルマガはこちら

おすすめ

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

バリ倶楽部

ご予約・お問い合わせ

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

ご希望日の前日5時以降は直接お電話下さい。

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メールでのご質問・ご予約はこちら

SNSからもお問い合わせ

  • @LINE
  • messenger

ご希望日の前日5時以降は
直接お電話下さい。

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger