メイン画像

サスケ

  •  (0)

バリ倶楽部ひとり登山部、いよいよ3000m級の山へ!登山日記10回目

2016年6月28日


こんにちは、バリ倶楽部ひとり登山部、部長のさすけ(@sasuke80)です。
バリ島登山日記をだいぶサボってしまいましたけど、ここ3週間はずっと山登りしてました。5月12日はランプヤン山、5月19日はスラヤ山。この2つの山は標高1174m前後で双子の山です。バリ倶楽部のサンライズ&ヨガツアーの朝日観賞ポイントからみるとこんな感じです。

向かって左がスラヤ山で右がランプヤン山です。ランプヤン山に登りたい方はバリ倶楽部のパワースポット・トレッキングツアーをご覧ください!(^^)!

ランプヤン山とスラヤ山はさておき、先週登ったアバン山のお話を書きたいと思います。 アバン山(2151m)はバリ島で3番目に高い山で、キンタマーニ高原へ行かれたことある方は一度はみたことあると思います。キンタマーニの綺麗な見晴らしからみれる山はバトゥール山とアグン山とこのアバン山です。

キンタマーニ高原からみる、アバン山(左)とアグン山(右)。

アグン山からみるキンタマーニ高原とアバン山。

アバン山の登山は標高1400mからのスタートで、一番メジャーなパネロカン村というポイントからスタートです。その他2つほどのスタートポイントがあります。アバン山の登山は雨の日はすべりやすく、晴れた日には砂地が多いので少し足元に注意が必要です。霧がかることも多いので雨具が必要です。

道が少し滑る以外は比較的登りやすい山です。登山道もちゃんとあって遭難することもないですし、ヒルや刺々しい植物もなく、よく晴れた日にはバトゥール山やバトゥール湖といった景色がすごく綺麗です。

アバン山はゆっくり歩いて2時間で登頂できます。頂上に着いたら、日本で言う鳥居の割れ門がしるしです。

今回の登山は終始雨が降っていたので景色はあまり綺麗に見えなかったけど、雲の合間から見える空の色はやっぱり綺麗でした。下からみる空の色と違ってすごく澄んでみえる。

アバン山の制覇で今年バリ島の山は11個目になりました。残すところバトゥカル山(2276m)です。でもその前に再来週はいよいよ今年の目標であるジャワ島の最高峰スメル山(3676m)へ登る予定です。スメル山は落石や火山ガスなど危険が多い山なので、準備が間に合えば行きます。
スメル山はインドネシアで3番目に高い火山です。2位と1位はロンボック島のリンジャニ山(3726m)とスマトラ島のクリンチ山(3805m)、縁があったら次の夢はこの3つの山です。たのしみ~

バリ倶楽部の登山ツアーへ

バリ島の心に触れる、バリ倶楽部のホームページへ

書き手

  • サスケ
  • キコ
  • アサミ
  • ヒデ

アーカイブ

写真

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

前日5時まで予約OK!お急ぎの方はこちら

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メール・SNSから

  • mail
  • @LINE
  • messenger

写真

前日5時まで
予約受付!

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger

mail magazine

10日おきにお届け!
無料メルマガ購読フォーム

過去のメルマガはこちら

おすすめ

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

バリ倶楽部

ご予約・お問い合わせ

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

ご希望日の前日5時以降は直接お電話下さい。

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メールでのご質問・ご予約はこちら

SNSからもお問い合わせ

  • @LINE
  • messenger

ご希望日の前日5時以降は
直接お電話下さい。

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger