メイン画像

キコ

  •  (0)

レンボンガン島サーフトリップの行き方とポイント紹介

2015年11月17日


こんにちは、バリ倶楽部のキコです。
レンボンガン島と言えばサンゴ礁の海と、真っ白な砂浜
ダイビング、シュノーケリング、フィッシングときたら
サーフィング!!です。
バリ倶楽部のツアーでは全く紹介していませんが、
レンボンガン島にはサーファーが歓喜する極上の波があります。
サンゴ礁の上を低空飛行しているような不思議な感覚
透明度が高すぎて波の向う側、海底のサンゴが透け透けです。
よくサーフムービーに出てくるアレです。
バリ島からレンボンガン島へサーフトリップ、サーフポイント紹介
サーファーなら誰もが夢見る最高のロケーションです。
今回は、ポイント紹介から島の魅力まで
レンボンガン島サーフトリップのアレコレを紹介したいと思います。
いろいろと書きたいことがあるので、
目次から
1)レンボンガン島の行き方と、どんな島?
2)レンボンガン島の各サーフポイントと波質は?
3)レンボンガン島サーフィンの必需品?
4)レンボンガン島サーフィン以外の魅力?
はい!!それでは早速いってみましょうか!!
 
1)レンボンガン島の行き方と、どんな島?
バリ島からレンボンガン島へサーフトリップ、サーフポイント紹介
一言で表現すると「バリ島から一番近い離島」です。
スピードボートで、たった40分の距離にあるのがレンボンガン島
宗教や文化もバリ島と同じで、更に色濃く残っている印象があります。
バリ島からレンボンガン島へサーフトリップ、サーフポイント紹介
レンボンガン島ジュングッバトゥビーチ
島を一周する道はありませんが、隅々までバイクで巡っても2時間程
小さな島ですが星の数ほど宿泊施設があり、洒落たレストランも多いので
世界中からダイバーやサーファー、バックパッカーが集まる人気の島です。
バリ島からレンボンガン島へサーフトリップ、サーフポイント紹介
レンボンガン島に渡る方法はスピードボートが主流
バリ島サヌールからの便が多く、朝7時~17時頃まで行き来しています。
時間に余裕があれば予約無し現地での手配も可能です。
ボート会社は、バリ島ホテル送迎とセットで販売しているところが多く
事前予約する場合は、サヌールまでの移動手段を考える必要がありません。
ボード持込みに追加料金が必要な会社も多いので要確認
バリ島からレンボンガン島へサーフトリップ、サーフポイント紹介
日本語対応ボート会社:OJIボート
老舗ボート会社:ロッキー社 / スコット社
その他、人数がまとまっていればボートチャーターも可能
日本人が個人手配するのは難易度が高いので
ローカルの友達に頼むか、サーフガイドの会社に相談しましょう。
※)バリ倶楽部でもボートチャーターの手配可能です。
どちらにしてもサーフガイド付きがおすすめなので、
サーフガイドの会社に問い合わせるのが良いと思います。
2)レンボンガン島の各サーフポイントと波質は?
バリ島からレンボンガン島へサーフトリップ、サーフポイント紹介
レンボンガン島&チュニガン島のポイントマップ
概要
レンボンガン島のサーフポイントは全部で4つ島の西側に集中しています。
基本的に乾季の季節風がオフシュアですが風が弱い日がベストです。
全てのポイントに共通して言えるのが、
リーフブレイクで海底がサンゴであること、
潮回りによってサイズの変化が激しいこと、
頭以上の波は、とてもパワフルなこと
バリ島と比べ海水温が低いことです。
それでは、各ポイントに★を付けて紹介していきます。
※)星の数はレンボンガン島&チュニガン島のポイントだけで比較しています。
  エントリーは星の数が多いほど大変です。
シップレック
レギュラーブレイク
サイズ   ★★★★★
レンボンガン島で一番うねりの入り易いポイント
それでもバリ島のクタビーチと同じくらいのサイズなので、
バリ島の他のポイントよりはワンサイズ小さい
難易度   ★★★★☆
頭くらいのサイズまでは初心者でも楽しめる波
タイドや、うねりの入り方によって波がヨレるので難しい時がある
潮回りによって急激にサイズUPするので注意が必要
コンディションによってカレントが速くなる
バレル、リップ、カットバックと、ホレるテイクオフから始まり
最後はフェイスが広くなるので中級者の練習に最適
エントリー ★★★☆☆
ビーチからパドルアウトもできるけど、ボートエントリーが一般的
パドルの場合は、スランガンのメインブレイクの1.5倍くらいの距離
ボートの場合は、ポイント周辺のビーチから手配可能
ボートの値段は交渉が必要、使用する場合も行きだけで十分
ベストタイド 
大潮でなければロータイドでもサーフィン可能
島滞在のサーファーはミドルタイドを狙っているので、
少し潮が足りない時間からゲットすると空いている
パドルエントリーの際は、海藻養殖の杭に注意
ミドルタイドだと杭が水中にあって気付かないので、
板のボトムを凹ます危険あり
バリ島からレンボンガン島へサーフトリップ、サーフポイント紹介
レサレーション
レギュラーブレイク
バリ島からレンボンガン島へサーフトリップ、サーフポイント紹介
サイズ   ★★★☆☆
島に渡る際、左手にポイントが見えるので波チェック可能
レストランの多いジュングッバトゥの丘からもチェックできるので
その後のポイント選びの参考にすると良い
シップレックよりワンサイズ小さい時が多い
難易度   ★★★☆☆
こちらも頭くらいのサイズまで初心者でも楽しめる波
ただブレイクの距離が短いので、サイズが小さいと更に短くなる
サイズが頭以上になるとテイクオフが難しくなるが
完全なポイントブレイクなのでバレルの練習がしやすい
エントリー  ★★☆☆☆
ジュングッバトゥビーチからパドルアウトするとシップレックより遠い
ジュングッバトゥの丘の端にあるソンランブンビーチからの方が近い
どちらにしてもポイントが遠いのでボートエントリーが一般的
ベストタイド
 
サイズにもよるが、タイドによって波がブレイクしなくなるので、
島に渡る際にポイントをチェックして、その時のタイドと
実際にサーフィンする時間帯のタイドを比較すると良い
プレイグランド
レギュラー&グーフィーブレイク
 
サイズ   ★★★☆☆
レサレーションと同じく、行きのボートと、レストランからチェック可能
島に渡る際、右手み見えるのがプレイグラウンド
レサレーションと同じくらいのサイズ
難易度   ★★☆☆☆
レンボンガン島のポイントでは、最も初心者向けのポイント
グーフィーがメインブレイクとなるが、レギュラーもあり
サイズUPするとレギュラーでバレルの練習をすることができる
ロングボードやSUPも多いポイント
エントリー  ★☆☆☆☆
レストランやヴィラが並ぶジュングッバトゥの丘を端まで歩き
ソンランブンビーチからパドルアウト可能
ジュングッバトゥビーチからボートも出せるが必要ない
ベストタイド
 
レサレーションと同じ
チュニガン
グーフィーブレイク
バリ島からレンボンガン島へサーフトリップ、サーフポイント紹介
サイズ   ★★★★☆
レンボンガン島ボート乗り場から遠いので予想が難しいが、
レサレーションより少し大きいので参考にすると良い
タイドによってレサレーションがブレイクしていない場合は、
シップレックを参考にするか、とりあえず行ってみる
難易度   ★★★★☆
レンボンガン島の他のポイントと比べテイクオフはしやすいが、
シップレックと同じく波の力が強いので中級者向け
小さい湾の岬からブレイクし、広いフェイスでロングライド可能だが、
タイドや、うねりの向きによってダンパーになりやすい
エントリー  ★★★★★ 
レンボンガン島からチュニガン島のポイントまでバイクで40分ほど
島を繋ぐ橋はバイクでしか渡れないので注意が必要
バリ島からレンボンガン島へサーフトリップ、サーフポイント紹介
ポイント周辺は道が分かりずらいので地元の人に聞くと良い
レンボンガン島とチュニガン島を結ぶイエローブリッジ
バリ島からレンボンガン島へサーフトリップ、サーフポイント紹介
ポイント周辺までバイクで行くのは大変だがパドルアウトの距離は短い
ベストタイド
 
大潮でなければロータイドでもサーフィン可能
引きから上げに向かうタイミングが良い
ポイント紹介のまとめ
簡単に言うと、頭以上のサイズは中級者向けです。
潮回りによって波質が大きく変わり、海底もサンゴなので
中級者であっても、それなりの経験が必要だと思います。
また、レンボンガン島で良い波に乗る一番の近道として、
バリ島ホテル送迎から全てをサーフガイドに任せる方法があります。
お金は掛かりますが、時間に余裕が無かったり
まだサーフィンの経験が浅い人にとっては間違いない手段です。
どちらにしてもバリ島に比べると波を当てるのが難しいので、
もし、必ず良い波に乗りたければバリ島の方が無難です。
朝・夕がミドルタイドと重なる時は非常に混雑しますが、
少しベストタイドを外したり、15時ころに波乗りすると空いています。
3)レンボンガン島サーフィンの必需品?
バリ島からレンボンガン島へサーフトリップ、サーフポイント紹介
・・・近すぎますか?
最強の日焼け止め通称「クレヨン」です。
これはバリ島でも同じですが、とにかく日差しが強いので
水で落ちない日焼け止めを持って行くと良いですよ。
その他、ポイント紹介でも書きましたが海水温が冷たいので、
できればタッパー以上、スプリングや、シーガルがあると良いです。
ちょっと大袈裟に聞こえますが、カレントによって極寒になります。
水が冷たすぎてポイントが空くこともあるので、
ウェットを持って行けば乗り放題かも知れません。
リーフの上を歩くほど潮が引いている時は、基本的にサーフィン不可なので、
リーフブーツは必要ないと思います。
ただ、ウェットも、リーフブーツも体を守る意味では重宝するので、
荷物の量が気にならなければ持って行くと良いです。
もう一つ、サーフガイドに頼む場合は必要ありませんが、
個人でポイントを巡る場合はレンタルバイクが必要です。
バリ島からレンボンガン島へサーフトリップ、サーフポイント紹介
ボート乗り場のあるジュングッバトゥビーチで簡単に借りられます。
希望すればボードキャリアーも用意してくれますよ。
4)レンボンガン島サーフィン以外の魅力?
バリ島からレンボンガン島へサーフトリップ、サーフポイント紹介
マングローブポイントでドリフトシュノーケリング
どんなに筋金入りのコアサーファーだったとしても
レンボンガン島に渡ったらシュノーケリングしないともったいない!!
・・・っと言いつつ、サーフィンだけしたい気持ちも分かります。
でも、レンボンガン島はタイドによってサーフィン出来ない時間があるので、
そんな時は島の北部マングローブ村に行きましょう。
レンボンガン島のボート乗り場からバイクで15分
その名の通りマングローブジャングルが広がるこの村では、
木製のボートで行くマングローブ探検や、
バリ島からレンボンガン島へサーフトリップ、サーフポイント紹介
マングローブSUPが楽しめます。
バリ島からレンボンガン島へサーフトリップ、サーフポイント紹介
マングローブなんて興味ねぇしって?
それならシュノーケリングは如何でしょうか?
バリ島からレンボンガン島へサーフトリップ、サーフポイント紹介
透明度は見ての通り、干潮でも満潮でも行けるので、
サーフィンの空いた時間に楽しめるので都合も良いですね。
バリ島からレンボンガン島へサーフトリップ、サーフポイント紹介
レンボンガン島マングローブポイント

バリ島からレンボンガン島へサーフトリップ、サーフポイント紹介
ペニダ島チュニガンウォールポイント(マングローブ村発着)

・・・っと、これはバリ倶楽部ツアーの宣伝です。
レンボンガン島マングローブ&シュノーケル

マングローブ村の他にも、いつ行ってもドリームな感じの
ドリームビーチや、
バリ島からレンボンガン島へサーフトリップ、サーフポイント紹介
チュニガン島ブルーラグーンなど
バリ島からレンボンガン島へサーフトリップ、サーフポイント紹介
バイクさえ借りればどこでも行けます。

島内観光をしていると地元の方たちの生活も垣間見れますよ。
バリ島からレンボンガン島へサーフトリップ、サーフポイント紹介
レンボンガン島、小学生の通学風景

一番の目的は良い波に乗ることだと思いますが、
もし、波が当たらなかったとしても楽しめる要素はたくさんあります。

アレコレ書きましたが、この島の一番の魅力は島全体の自由な雰囲気です。
少しでも時間を用意して島内観光してみましょう!!

ってことで、気になる方は、
レンボンガン島理想のサーフトリップ
ご覧ください。


では、また

バリ島日本語ガイドのプロフェッショナル集団!!
サンゴ礁の海でシュノーケリングするならバリ倶楽部 

バリ倶楽部WEBマガジン
毎月10日、20日、30日はバリ島を感じる日

登録フォーム

書き手

  • サスケ
  • キコ
  • アサミ
  • ヒデ

アーカイブ

写真

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

前日5時まで予約OK!お急ぎの方はこちら

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メール・SNSから

  • mail
  • @LINE
  • messenger

写真

前日5時まで
予約受付!

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger

mail magazine

10日おきにお届け!
無料メルマガ購読フォーム

過去のメルマガはこちら

おすすめ

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

バリ倶楽部

ご予約・お問い合わせ

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

ご希望日の前日5時以降は直接お電話下さい。

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メールでのご質問・ご予約はこちら

SNSからもお問い合わせ

  • @LINE
  • messenger

ご希望日の前日5時以降は
直接お電話下さい。

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger