メイン画像

キコ

  •  (0)

バリ島の世界遺産を巡る上で大切なこと

2016年4月2日


こんにちは、現地ツアー会社バリ倶楽部のキコです。
今回はバリ島の世界遺産も含め「ユネスコってなんだろう?世界遺産ってなんだろう?」って難しい話しをします。

2012年、バリ島で初めて世界遺産に登録された「バリ州の文化的景観 : トリ・ヒタ・カラナの哲学を表現したスバック・システム」←ちょっと難しいですよね?

文化や哲学を説明するのは難しいので、登録の経緯や理由は紹介されず、タマン・アユン寺院やティルタ・エンプル寺院が世界遺産として紹介されています。

ただ、この2つの寺院なんですが、他国のアンコール・ワット遺跡や、タージ・マハルと比べると極端にインパクトが薄い・・・

そこで観光客のみなさんに「バリ島の世界遺産ってなんか微妙だね」って思われたら、バリ島魅力の伝道師としては物凄く悔しいわけです。

「バリ島の世界遺産も凄いですよ!!後世に伝えるべき文化遺産ですよ!!」と思っても大声で叫ぶわけにはいかないので、なにが凄いのかこのブログで紹介したいと思います。

目次

  1. ユネスコの世界遺産ってなに?
  2. バリ島の世界文化遺産「スバックシステム」
  3. 世界遺産を巡る上で大切なこと

1 ユネスコの世界遺産ってなに?

そもそも世界遺産の登録・保護は何のために行われているのか?僕が下手に説明を書くよりも下のリンクを読んでもらった方が分かり易いです。
ユネスコ憲章の前文「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和の砦を築かなければならない」なるほど、ユネスコは平和を築くための機関なんですね。
そして、国際平和のために先人の文化(知恵)や創造物、自然を保護して後世に伝えていく。「地球の宝物をみんなで大切にしましょう」っていうのが世界遺産の登録・保護の目的のようです。
世界遺産は3種類。文化遺産、自然遺産、複合遺産。アンコール・ワット遺跡やタージ・マハルは文化遺産。日本の小笠原諸島や屋久島は自然遺産。複合遺産は文化・自然の両方の登録基準が適応されている世界遺産。
じゃあ富士山は自然遺産かな?と思うとそうでもなくて、「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」として文化遺産に登録されていました。←ここら辺が世界遺産を理解する上でとっても重要だと思います。

2 バリ島の世界文化遺産「スバックシステム」

バリ島の農家の方こそ世界文化遺産

ここからバリ島の話しになりますが、先ずバリ島の世界遺産は文化遺産です。登録された名前が難しいのでキーワードごとに考えてみますね。

「バリ州の文化的景観 : トリ・ヒタ・カラナの哲学を表現したスバック・システム」

・バリ州の文化的景観
簡単にいうと棚田(ライステラス)を含む水田や、「水」をキーワードに繋がる寺院、川、湖のことです。

・トリ・ヒタ・カラナの哲学
バリ・ヒンドゥー教で最も重要とされている哲学のことです。意味は「安全・繁栄・喜びを保つために大切な3つのこと」その大切な3つとは「神と人、人と人、人と自然の調和(関係)を大切にしましょう」です。

・スバック・システム
バリ島にある伝統的な水利組合のこと、「米作りで最も大切な水をみんなで分け合って使いましょう」って組織です。水の分配の他に、スバックごとにある寺院を管理し、水に関わる宗教行事を共同で行います。

スバック組織が作り出す文化的景観

バリ島の世界遺産は「バリ・ヒンドゥー教の哲学に基づいて米作りをする人たちの文化」です。そう考えると「どこそこ寺院が世界遺産」じゃなくて、バリ人の哲学が文化遺産に登録されたことが分かります。

安全・繁栄・喜びを保つために神と人、人と人、人と自然の調和(関係)を大切にしましょう」正しく平和を築くための哲学です。

そして、構成資産(世界遺産に関する寺院・場所)は米作りに欠かせない「水」がキーワードになっています。

・ウルン・ダヌ・バトゥール寺院

 全ての川や泉の母神デウィ・ウルン・ダヌを祀る寺院

・バトゥール湖

 デウィ・ウルン・ダヌの住処と考えられている湖

・ペクリサン川流域のスバック景観

 バリ島で最古の棚田を含むの景観
(ティルタ・エンプル寺院を含む)

・バトゥカル山のスバック景観

 水田の管理と文化保存が評価されているジャティルイ村を含む

・タマン・アユン寺院

 バリ島最大の水の寺院

3 世界遺産を巡る上で大切なこと

ティルタエンプル寺院にて

世界遺産の登録基準は見た目の美しさや雄大さだけじゃなくて、バリ島のように哲学や文化を評価されることもあります。じゃあ何が大切かって登録の経緯や理由を知ることだと思うんです。(特に見た目のインパクトが薄い場合)

説明なく寺院を見て「なんか微妙」と思うのか、ちゃんと説明を受けて「なるほど、バリ島の人たちの哲学と米作りに関する文化が世界遺産なのか」と意味を理解して巡るのでは全く印象が違います。

これはバリ島に限らず、どの世界遺産にも言えることで登録の経緯と理由を理解することが大切で、理解しながら観光することが一番楽しいと思います。

・・・ユネスコから始まりバリ人の哲学、世界遺産の巡り方まで、文章にするのが難しかったので、とりあえず何が言いたいのか気持ちだけでも伝わっていたら嬉しいです。

僕の話しが全くもって意味不明だった方はバリ倶楽部のツアーに参加してください。実際に棚田や寺院を訪問して「バリ島の世界遺産とは?」って話しを詳しくご説明いたします。

バリ倶楽部の世界遺産に関するツアー

ツアー内容が気に入ったら今すぐ予約してくださいね!!よろしくお願いいたします!!

では、また

日本語専門ガイドのプロフェッショナル集団
バリ倶楽部ホームページ

書き手

  • サスケ
  • キコ
  • アサミ
  • ヒデ

アーカイブ

写真

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

前日5時まで予約OK!お急ぎの方はこちら

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メール・SNSから

  • mail
  • @LINE
  • messenger

写真

前日5時まで
予約受付!

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger

mail magazine

10日おきにお届け!
無料メルマガ購読フォーム

過去のメルマガはこちら

おすすめ

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

バリ倶楽部

ご予約・お問い合わせ

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

ご希望日の前日5時以降は直接お電話下さい。

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メールでのご質問・ご予約はこちら

SNSからもお問い合わせ

  • @LINE
  • messenger

ご希望日の前日5時以降は
直接お電話下さい。

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger