メイン画像

サスケ

  •  (0)

レンボンガン島ローカルフードの名店を紹介します!

2018年10月17日


こんにちは、バリ倶楽部のさすけです。
旅行先で観光スポットと同じくらい重要なのはやっぱりご飯ですよね。
台湾や韓国はグルメ旅が主な理由もあると思いますし、タイやベトナムのようにご飯が美味しい国は人気の旅行先になってますね。

さて、バリ島のご飯はどうでしょう?辛いイメージはありますか?
まぁ~そのとおりですね。バリ料理は基本辛いです。バリ腹というフレーズがあるくらいですもんね。

バリ腹は刺激が強いものを食べてお腹がびっくりして、腹痛や下痢を起こしてしまう状態のことをさします。

nasicampur-warung

汚い話ですが、バリ育ちの僕も小さいときから定期的に下痢になります。それは腸が掃除をする時間、自然なサイクルだと思ってました。中身はバリと日本のハーフだと思ってますが、体は100%Made in Japanだからかも知りません。

おっさんのお腹事情はさておき、バリ料理は基本辛いですけど、レストランなどで提供されているバリ料理(インドネシア料理)は刺激おさえめに調理していますのでご安心ください。

逆に真の地元の味をたべたいかたは、ぜひバリ倶楽部のグルメ記事を参考にしてください。

mainimg_blog01
おしゃれなカフェから屋台まで紹介しています、バリ倶楽部ブログのグルメ記事

まえぶれが長くなりましたが、今回みなさんにぜひ試してほしい美味しいご飯があるんです。
バリ島といえばナシゴレンのイメージがあると思いますが、ナシゴレンはインドネシア料理といいますか、インドネシア風にアレンジしたチャーハンです。いわば中華ですね。

バリ島の伝統料理といえばバビグリン(豚の丸焼き)またはラワール(野菜や肉の和え物)です。でも今回紹介したいのはレンボンガン島のナシチャンプルです。

nasicampur-lembongan2

ナシチャンプルもインドネシア全土で食されている庶民の味です。白米に色んなおかずが盛っていればナシチャンプルです。でも面白いのは、バリ島のナシチャンプル、ジャワ島のナシチャンプル、スマトラ島のナシチャンプルなど、地域によって食材も味も違います。

レンボンガン島のナシチャンプル

レンボンガン島のナシチャンプルはバリ島のナシチャンプルと似ていますが、最近バリ島のナシチャンプルも洗練されてインパクトに欠ける。それに比べてレンボンガン島のナシチャンプルはワイルドでパンチがきいてます。スパイスが多め、辛めでバリ腹になる予感がぷんぷんします。

warung-nasi-campur

レンボンガン島で泊まるかたには是非たべてほしいです。念のため、最終日にたべてください(;^_^A

レンボンガン島ナシチャンプルの名店2店

ワルン・リラックス

warung-relax-lembongan

レンボンガン島で一番おすすめの名店です。レンボンガン島ガイド、ボートスタッフのいきつけです。定番のおかずはサンバル(辛味調味料)で和えた焼きカツオ、エビのフライ、ウコンなどのスパイスで煮た鶏肉。汗だくになりながら食べるこのナシチャンプルは最高に美味いです。バリ倶楽部スタッフもこのお店の常連。

もう一つこのお店のウリはロケーションです!!

warung-relax-jungutbatu

絶景です!!

レンボンガン島でこのお店を知らない人はいないくらい定番のお店!!
地元の人だろうが観光客だろうが、かまいナシにサンバル多め!!
このサンバルがとても美味しくて病みつきになります。

nasicampur-lembongan2

ワルン・リトル・プレマ

レンボンガン島のメインストリートあるこのお店もおすすめです。

warung-prema-lembongan

このお店の名物はイカの甘辛煮、ナスの素揚げ、鶏肉の和え物です。
これらにサンバルぶっかけるので結局は辛いですけど、まろやかさもあって、全体的に控えめの味付け。

nasi-campur-bintang

暑い日にサンバル多めにかけて食べるナシチャンプルとキンキンに冷えたビンタン・ビールは最高です。

レンボンガン島ナシチャンプルの名店マップ

ローカルレストラン(ワルン)での注文の仕方

バリ島やレンボンガン島のワルンではほとんどメニューがなくて値段も付いていません。ナシチャンプルの場合は好きなおかずを選んで、食べ終わったら、食べたもの飲んだものを申告して、言われた値段を払う。信頼関係でなりたってます。

ordering-nasicampur

最近、ご飯を選んだ後に値段が付いている札を渡されて、その札に書かれている数字が値段というお店もあります。

レンボンガン島のナシチャンプルはおかず全のせで25,000ルピア(185円)が相場です。ローカルワルンでは高くて185円だと思ってください。バリ島だったら12,000~20,000ルピア(88円~145円)程度です。

試しにちょっとだけ食べてみたいかたは【15,000ルピア分くださ~い】など、値段を先に伝えます。そしたらその分だけ見積もって出してくれます。ちなみにバリ倶楽部のガイドは何も言わなくても、いつも10,000ルピア(74円)分を出してくれます。

まとめ

レンボンガン島はサンゴ礁からできた島です。農業に向いていない土壌からお米や野菜ができません。全てバリ本島から運んできますので、バリ島に比べて物価が高いです。高いとはいえ、日本に比べたらバリ島やレンボンガン島のローカルフードは安くて美味しいです。バリ島の料理は少し辛いですけど味付けは日本人の口に合うと思います。

nasi-campur-buffet

レンボンガン島滞在中に洋食やナシゴレンに飽きてきたら、是非レンボンガン島のナシチャンプルを試してみてください。くれぐれもバリ腹に気を付けてください。

profile-staff-baliclubバリ島の心に触れるツアー、バリ倶楽部のホームぺージ

書き手

  • サスケ
  • キコ
  • アサミ
  • ヒデ

アーカイブ

写真

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

前日5時まで予約OK!お急ぎの方はこちら

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メール・SNSから

  • mail
  • @LINE
  • messenger

写真

前日5時まで
予約受付!

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger

mail magazine

10日おきにお届け!
無料メルマガ購読フォーム

過去のメルマガはこちら

おすすめ

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

バリ倶楽部

ご予約・お問い合わせ

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

ご希望日の前日5時以降は直接お電話下さい。

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メールでのご質問・ご予約はこちら

SNSからもお問い合わせ

  • @LINE
  • messenger

ご希望日の前日5時以降は
直接お電話下さい。

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger