メイン画像

サスケ

  •  (0)

【バリ島】幻の世界遺産、ブサキ寺院の起源と歴史

2018年4月25日


こんにちは、バリ倶楽部のさすけです。
先日、ブサキ寺院で一年に一度の誕生祭がおこなわれ、バリ倶楽部スタッフと一緒に参拝しました。バリ島各地からおおくの参拝者でにぎわっていました。

ブサキ寺院はバリ島でもっとも大事な寺院であり、規模もバリ島で一番です。参拝者いがいに観光客にも大人気のブサキ寺院は総本山として信仰されています。でも、ブサキ寺院の歴史、なぜ総本山とされているのかはいがいと知られていない。このブログ記事でブサキ寺院の起源と現在のすがたになった過程を紹介します。

besakih-temple-bali

ブサキ寺院とは

ブサキ寺院はバリ島でいちばん高い山、アグン山のふもとにあります。23寺院からなる複合的寺院と言われています。
実は中心から外にむかって、【本殿】【家族寺の本山】【ブサキ寺院を囲む寺院】の3つの層にわかれています。

本殿

besakih-main-gate

ブサキ寺院にいったことあるかたは必ずココに案内されます。上の画像が本殿です。ココにはバリヒンドゥーでメインとなる神様、ブラフマ神、ウィシュヌ神、シワ神がまつられ、3つならんでいる大きな祠でまつられています。

本殿には下から上まで7段階にわかれています。参拝しない観光客は1階までしか入れないです。2階は参拝者のみなさんが一般的にお祈りする場所です。7階には竹の木があり、ココがブサキ寺院のメインといわれています。

besakih-kiwa-tengen

家族寺の本山

本殿のまわりを囲む数おおくの寺院。こちらはバリ島の人々の先祖がまつられている寺院となっています。本殿+家族寺の本山が総称としてブサキ寺院と現在いわれています。

ブサキ寺院の周りを囲む寺院

besakih-ceremony-people
ブサキ寺院の周りに東西南北ブサキ寺院を囲むかのように、いろんな寺院があります。グラップ寺院、ウルンクルクル寺院、バトゥマデッグ寺院などなどあります。
この周辺の寺院ふくめ、ブサキ寺院はいかに総本山として信仰され、どのような経緯で現在のすがたになったのかを紹介します。

ブサキ寺院の起源

ブサキ寺院の起源はバリ島の起源といっても過言ではない。アグン山のふもとにあるブサキは強いエネルギーをはなっている場所。さかのぼること2世紀ころ。インド出身のマルカンデヤ大師がバリがいずれ世界を救う島と悟りました。そのためにバリ島で文明を築き、核となるコンセプトを植え付けました。

besakih-and-riceterrace

まだ文明が発展していないバリ島をいちから開拓して、世界がアンバランスになったときにバリ島が世界救うと悟り、アグン山のふもとにやってきました。

ブサキ寺院の由来

バリ島にたどりついたマルカンデヤ大師はアグン山のふもと、現・ブサキ寺院を最初の拠点にしました。
バリ島を開拓する準備として、アグン山で瞑想し、お弟子さんたちの教育をしました。アグン山で瞑想したあとに、悟りを吟味する場所が本殿のメインとされている竹の木がある場所です。

besakih-kiwa-tengen

そして、その竹の下にある二つの祠は男女のシンボルで、お弟子さんの卒業式をおこなう場所でした。男性は右、女性は左にわかれています。
現在みなさんがお祈りしている場所は以前、マルカンデヤ大師がお弟子さんを教育する場だったといわれています。いわば学校のような場所です。

vintage-besakih

準備が整ったあと、ブサキ寺院の誕生祭がおこなわれました。マルカンデヤ大師がインドからバリ島までの旅路で出会ったお坊さんや聖人たちを招待しました。ブサキ寺院の誕生祭は数か月間にわたって行われたと言われ、招待客はブサキ寺院の周辺に場所が用意されました。

近年、ここ100年でブサキ寺院周辺におおくの遺跡などが発見されました。その発見された場所に寺院をたてました。
その遺跡は以前マルカンデヤ大師が招いた招待客のものと思われてます。数か月間にわたって滞在された招待客はお祈りする場所や最低限の暮らしができるような場所を作りました。その一部が現代のブサキ寺院周辺で発見され、寺院になった。

besakih-temple-agung

ブサキ寺院の誕生祭にマルカンデヤ大師はお供え物を埋めました。このお供え物はバリ島開拓祈願の一部だといわれていて、バリ島で初めてお供え物が誕生した日でもあります。現在バリ島のお供え物はマルカンデヤ大師の教えです。以前はもっとシンプルなものだった。

マルカンデヤ大師がお供えものをうめた場所が現在のバスキアン寺院です。バスキアン寺院はいちばん手前の寺院で、ブサキ寺院にいくときに広い芝生の後にある寺院です。バスキアン寺院の本殿のなかに礎石の一部が残されていて、サカ歴111(西暦189)と彫られている遺跡がのこされています。

バスキアンまたはバスキというのは【無事】という意味です。バリ島開拓する第一段階が無事におわったという意味もこめてつけられた名前です。バスキがなまってブサキとなったのがブサキ寺院の由来です。

ブサキ寺院の歴史

富士山どうようにバリ島でいちばん高い山、アグン山には大きなエネルギーがあると信じられています。その麓に総本山を築いたのは2世紀ごろ。

besakih-penataran-agung

ブサキ寺院がおおきく姿を変えたのは14世紀ごろ。当時はジャワ島からやってきたマジャパヒット王国がバリ島を統治しました。マジャパヒット系のバリ王国、初代王様はクレスナ・クパキサン王です。宗教的なアドバイザーとして、王さまにつかえたのはムスティカ大師です。

ムスティカ大師はバリ島の社会的多様性をみて、社会のきれつや分裂を避けたいと考えた。というのも、マジャパヒットはトリワンサというカースト制度をバリ島にもちこんできた。トリは3つ、ワンサはカテゴリーという意味です。その3つのカテゴリーはブラフマナ(お坊さんや聖人)、ダラム(王族)、アルヤ(軍人や政治家)。

マジャパヒット以前から住んでいたバリ人は【パスック】に部類され、王国でとても地位のたかい鍛冶職人や建築士は【パンデ】に部類されました。

besakih-temple

ムスティカ大師はそれぞれの一族が総本山のブサキで場所をあたえることによって、激突や紛争が避けられるのではないかと考えました。そのような根拠で本殿の隣に、ブラフマナ、ダラム、アルヤ、パスックとパンデの【居場所】を建てました。

それが現在、一族の家族寺となっていますが、実は先祖が祭られているわけでもないのです。ムスティカ大師が紛争をさけるため、バリ島が一つになるために建てた場所だったと言われています。

まとめ

ブサキ寺院はアグン山を崇拝する寺院としてたてられました。ブサキ寺院にはおおきなエネルギーがあって、アグン山の許可なきではバリ島を開拓することはできないとマルカンデヤ大師は悟られました。
バリ島の恵みも災害もアグン山ということはその当時から悟っていたんですね。

自然崇拝するバリヒンドゥー、自然は神様の手と足、神様そのものと信じるバリヒンドゥーがアグン山に総本山を築くというのが必然に思えます。

profile5

バリ島の伝統衣装でブサキ寺院へ参拝!
幻の世界遺産 ブサキ寺院&バリ衣装体験

書き手

  • サスケ
  • キコ
  • アサミ
  • ヒデ

アーカイブ

写真

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

前日5時まで予約OK!お急ぎの方はこちら

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メール・SNSから

  • mail
  • @LINE
  • messenger

写真

前日5時まで
予約受付!

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger

mail magazine

10日おきにお届け!
無料メルマガ購読フォーム

過去のメルマガはこちら

おすすめ

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

バリ倶楽部

ご予約・お問い合わせ

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

ご希望日の前日5時以降は直接お電話下さい。

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メールでのご質問・ご予約はこちら

SNSからもお問い合わせ

  • @LINE
  • messenger

ご希望日の前日5時以降は
直接お電話下さい。

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger