メイン画像

シオリ

  •  (0)

【バリ島から行ける離島】ギリ島に視察に行ってきました!!

2018年5月17日


こんにちは!バリ倶楽部ゲストライターのしおり(@Shiori02052)です!

先月、バリ島から行ける離島、ギリ島にバリ倶楽部日本人スタッフで視察に行ってきました〜。

今回は、ギリ島初上陸の私から見たギリ島の魅力についてお伝えします。

いざ!ギリ島へ!

ブノア港から、ギリ島へ出発!!!

実は長時間船に乗るのが苦手なので、ちょっと心配していたのですが・・・

想像以上に快適な船旅でした!
ギリ島
船の横を楽しそうにジャンプするイルカを見たりと、船旅ならではの楽しみもしっかり堪能!

どこがどんな感じにどれくらい快適なのかは、キコさんがブログで詳しく説明しているので、ぜひそちらをお読みください~!
バリ島 ⇔ ギリ島のスピードボート情報『パタゴニア・エクスプレス』が超おすすめ!!

やってきました!ギリ・トラワンガン!

音楽を聞いたり、ウトウトしたり、リラックスして過ごしていたら・・・ギリ島が見えてきました!
Gili
ギリ島に到着した私の目に、一番最初に飛び込んできた景色がこちら。
Gili
陽を照り返してきらきら光る海の青さに、「あ、ここは天国だ」と直感。

綺麗な海にひとしきり見惚れた後は、とりあえずこちらのレストランで一休み。
Gili
なんだか静かだなあ、と思ったら、それもそのはず。

ギリ島での移動手段は自転車と馬車のみで、バイクと車は走っていないのです!

そのせいか、時間の流れがゆっくりゆったりまったりのんびり。

バリ島だとエンジン音に掻き消されがちな人々の会話や生活音が、そこら中から聞こえてくるのも、なんだか心地よい。
ギリ島
レストランに座っているだけで、ギリ島の文化が体に静かに染み込んでくる感じがします。

が、今回は視察なので「異文化が体に染み込む〜」なんて言っている場合ではありません。

一人一台自転車をレンタルし、さっそく視察開始!
Gili
馬車とすれ違いながら、ガタガタした道を自転車で走るという、初めての経験に興奮気味のわたし。

自転車で走ることによって島の人々の生活を間近に感じることができ、「旅行」というよりも「旅感」があります!

気持ちが高まりますね〜(と言いつつ、自転車を漕ぐのに必死でした)!
Gili

シュノーケリングタイム

宿に荷物を置いたら、今回のメインイベントともいえる、シュノーケリングへ!
ギリ島
マネージャーのキコさんは、張り切って私服参加です!!!

海に沈むベスパに乗って、最高のフォトジェニックを狙います。
ギリ島
アサミさんもご覧のとおりワンピースに着替え、海の中で果敢にポージング。
ギリ島
カメが見られるシュノーケリングポイントでは、恐竜みたいな巨大アオウミガメと写真を撮り、
ギリ島
石像が沈められた別のポイントでも、しっかり写真撮影。
ギリ島
バリ倶楽部のスタッフのみなさん、海の中をぐんぐん潜っていくので、観光で訪れている人たちから(私も素潜り下手っぴなので、私からも)羨望のまなざしを向けられていました・・・!
ギリ島

個人的に一番のフォトジェニックは、ポーズを決めた瞬間よりも、撮影の裏側。

水中カメラマンのキコさん、めちゃくちゃフォトジェニックなので、おまけで載せちゃいます。
Gili

ギリ島の夜

シュノーケリングを終えて、ホテルで休憩していたら、あっという間に日は暮れて・・・夕食の時間に!

さっかくだから歩いて出かけよう、ということで、ぷらぷらと徒歩でレストランへ向かうことにしました。

頭上には綺麗な星空が広がり、馬車の走る音がどこからか響いてきます。

オシャレなレストランやブティックが立ち並び、「観光地化」されている部分はあれど、ローカルの人々の静かな生活も垣間見えるのがギリ島の魅力のひとつ。

細い道に入ると小さなワルンがひっそりと佇み、人々が暗闇で楽しそうに会話を弾ませ、目が合えば「どこ行くのー?!」と人懐っこく尋ねてきます。

バリ島でも見られる風景ではありますが、バイクではなく歩いているからなのか、もっともっと人々の視線や生活が自分のすぐ近くに迫ってきているように感じます。

のんびりしているものの、妙な緊張感があるというか。でもやっぱり、のんびりはしているんです。

さて、ギリ島の夜に浸りながら歩みを進め、この日私たちが向かった先は、アサミさんおすすめのタイ料理屋さん。
ギリ島
みんなでタイ料理をつつき、今日のシュノーケリングやギリ島の感想を言いたい放題話して、徐々に会話の内容が意味不明になりつつ、夜は正しくしっかり更けていきました・・・。

視察初日を終えて

旅の楽しみって、「迷子になったときの感覚に陥ること」だと、個人的に思っています。

バリ島の生活に慣れてきていた私にとってギリ島への視察は、知っているつもりで知らなかったインドネシアの新たな一面に気づかされた、貴重な「旅」でした!

「ギリ島はパーティーアイランド」、と勝手に思い込んでいた私ですが、恥ずかしながらそれは私の偏見でしかなかったことを、認めざるを得ません・・・!

まだまだ日本人のお客さんが少ないギリ島は、穴場スポットです。

ギリ島のことが少しでも気になる方は、ぜひバリ倶楽部のツアーページを覗いてみてください~!
ギリ島宿泊シュノーケリングwithタートル

もちろんギリ島ツアー以外にも、バリ島の魅力がたくさんつまったツアーをご用意しております!

ご予約お待ちしております!
バリ倶楽部のツアー紹介

書き手

  • サスケ
  • キコ
  • アサミ
  • ヒデ

アーカイブ

写真

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

前日5時まで予約OK!お急ぎの方はこちら

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メール・SNSから

  • mail
  • @LINE
  • messenger

写真

前日5時まで
予約受付!

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger

mail magazine

10日おきにお届け!
無料メルマガ購読フォーム

過去のメルマガはこちら

おすすめ

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

バリ倶楽部

ご予約・お問い合わせ

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

ご希望日の前日5時以降は直接お電話下さい。

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メールでのご質問・ご予約はこちら

SNSからもお問い合わせ

  • @LINE
  • messenger

ご希望日の前日5時以降は
直接お電話下さい。

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger