メイン画像

ヒデ

  •  (0)

【レンボンガン島の魅力】時々、ガイドの素顔3

2018年5月6日


皆さんこんにちは、バリ倶楽部のヒデ(@hide_bali)です。

最近思うことは、レンボンガン島の発展が目まぐるしいということです。僕自身、バリ倶楽部で働く前(4年前)の景色とは、建物や島の様子、人々の職業が変わりました。

ここ数年で、変わったレンボンガン島。けれど、海や陸の自然が息づく「魅惑の島」が健在です。レンボンガン島

今回は、ツアーで行う『シュノーケリング』を紹介していきます。
また、ガイドたちの裏側に迫る第3弾!!誰なんでしょう~。では、見ていきましょう。

レンボンガン島の海

バドゥン海峡 (Badung Strait)

バリ島とヌサペニダ島との間に位置しています。長さは約60km、幅は約20kmと言われています。その間に、レンボンガン島が位置します。

名前の由来

1942年2月ここでバリ島沖海戦がありました。アメリカ合衆国の護衛空母、「バドエン・ストレイト」から名づけられています。

また、海洋水産相はレンボンガン島の奥に位置するヌサペニダをインドネシアで最良の場所として、水保全地域(KKP)に認定しています。

そしてその海には、296種類の珊瑚と576種類の魚がいるとされ、5種類が新発見されたのもこの海域です。ペニダ島,マンタこの海域はマンタ、マンボウ、イルカ、亀など大型海洋生物の家とも言われています。多くのシュノーケリングポイントがあり、様々な表情を見ることができます。

シュノーケリングだけのツアーはこちら【レンボンガン島&ペニダ島シュノーケリング】

また、13種マングローブ林2が広がり、海との関係性も深いです。レンボンガン島,マングローブ
マングローブの森を冒険するツアー【レンボンガン島マングローブ&シュノーケル】 【レンボンガン島パドルボート&シュノーケル】

レンボンガン島のシュノーケルついて

ドリフトシュノーケリング

簡単には、泳がずに楽しめます。潮の流れに乗って、楽しむスタイルのシュノーケリングなので、泳ぎが苦手な方や初めての方、幅広い年代ができるのもうれしいポイントです。

シュノーケル時間は、約45分間でゆっくり楽しむことができます。また、浮き輪やライフジャケットもあるので安心‼

流れがあるので、どんどん進んじゃうとあっという間に終わってしまいます。ゆっくり魚やサンゴを観察しましょう。
レンボンガン島,サンゴ

楽しむポイント

ポイント1 ◇ライフジャケットをしっかりと着用する

なかなか日本では、海で泳ぐことがない。シュノーケリングが楽しみな反面、不安な気持ちが少なからずある…。

しかし、ライフジャケットをつけていれば、必ず浮くので安心して楽しむことができます。

安心して海を感じましょう。

ポイント2 ◆浅い場所に行かない

皆さんが、シュノーケリングをする水深は4~5M前後です。
レンボンガン島の海は、とにかくサンゴが多く綺麗なところです。深い場所ではなく、水深が1mしかない浅い場所が危険です。

なぜ、危険なのか?それは、立ち泳ぎをすると、サンゴに皆さんが着用するフィンが当って、サンゴが折れて死んでしまいます。

さらに、足がサンゴの中に入り込んだり、当たるだけですぐに切れてしまいます。そして切れた部分は、サンゴの毒によりかゆく治りにくいため、気を付けましょう。

ポイント3 ◇無理はしない

綺麗でワクワクします。「もっと近づいて見たい!」、「潜ってみたい!」と思いますが、必ず自分の体に聞いてみてください。気持ちとは違い、体は正直です。

また海は、楽しい一方で、危険な場所であるということを頭に入れておきましょう。

ポイント4 ◆水中から上の景色を切り取る

水中写真は、ガイドさんに頼んでいろんなアングルの写真を撮ってもらいましょう。思い出になるはず!!レンボンガン島,シュノーケリング

安全に、思いっきりシュノーケリングを楽しみましょう。
レンボンガン島,シュノーケリング群れをなすデバスズメ
レンボンガン島,カクレクマノミイソギンチャクに共生するカクレクマノミ
レンボンガン島,シュノーケリング鮮やかな色のチョウチョウウオ

その時々に、出会える生き物に感動します!!レンボンガン島の海でのシュノーケリング最高です。

ガイドの素顔

ガイドたちの「今を伝える」シリーズき第三弾!!今回、スポットを当てるガイドは

バリ倶楽部の新しい顔【カデック Kadek】

P1310112
一言でいえば、「ジェントルマン」。正直で優しくて、よく人を見ています。

日本では

茨城県で「いちご農家」をしていました!植物は、育てるのに手間を抱えて、さらに思いを込めて作ることで「味」に変化が出るものです。

この経験が、朗らかで優しい感じを出しているカデック。日本語もとても上手なのです!

ちなみに、いちごは好物で、茨城県ということで「納豆」は食べたけど…苦手みたいです。(笑) 粘りが気になるんでしょうね。久しぶりに、僕は納豆ご飯が食べたいなーって思いました。

人柄

勉強熱心な一面も。ツアーでのいろいろな説明を繰り返し、新しいことがらや疑問は、その都度、確認し「自分のもの」にしています。
その姿は、お客さんの事を考えているからこそできる事。

レンボンガン島の魅力を最大限伝えられるように、日々進化を続けるカデックです。ツアー中の彼の各説明に”注目”してみてくだい。

そして、無邪気な笑顔が癒しを与えます!ツアー中、楽しいことがあったりするとニカッって笑うので、皆で笑わせましょ~。GOPR1730朝からさわやか
DSC_0561レンボンガン島の子供とも仲良し
IMG_3708みんな仲良し 左:カデック、右:ボートクルーのヘンドラ

最後にインタビュー動画

カデックもってます!真面目だけじゃなく、お茶目なところもあるんです。インタビューご覧ください~

レンボンガン島、そして何よりバリ俱楽部はガイドが面白い!ぜひ、バリにお越しの際は、「バリ俱楽部」にお任せください。
みんな待っていま~す。それぞれのキャラをどんどん覗けたらいいなと思っているヒデでした。

書き手

  • サスケ
  • キコ
  • アサミ
  • ヒデ

アーカイブ

写真

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

前日5時まで予約OK!お急ぎの方はこちら

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メール・SNSから

  • mail
  • @LINE
  • messenger

写真

前日5時まで
予約受付!

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger

mail magazine

10日おきにお届け!
無料メルマガ購読フォーム

過去のメルマガはこちら

おすすめ

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

バリ倶楽部

ご予約・お問い合わせ

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

ご希望日の前日5時以降は直接お電話下さい。

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メールでのご質問・ご予約はこちら

SNSからもお問い合わせ

  • @LINE
  • messenger

ご希望日の前日5時以降は
直接お電話下さい。

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger