メイン画像

シオリ

  •  (5)

【バリ島一人漂流記】〜孤独な食卓編〜

2018年2月17日


こんにちは!バリ倶楽部ゲストライターのしおりです!

「異国の地、バリで一人暮らしをしています。」

なんて言うと、「寂しくないの?」「心細くない?」と心配されますが・・・

さて、実際のところ、バリでの一人暮らしってどんな感じなんでしょうか。

ということで今回は、バリ島一人暮らし歴わずか三週間の私が、生意気にもバリでの孤独な一人暮らしについてお伝えします!

初回(続編も書く予定です!)は、一人暮らしに付き纏う、孤独な食卓についてです!

おしゃべり大好きおじさんのナシゴレン

自覚症状があるくらいマイペースな私ですが、ご飯を食べるときだけ急に他人のぬくもりを求め出します。

美味しいものを食べたら、その気持ちを誰かと共有しないと気が済まない、面倒くさいやつなんです。

でもまさか、毎食友達を誘って出かけるなんて、そんな協調性のあることができるわけもなく・・・

夜ご飯を求めて一人向かった先は、ナシゴレン屋さんの屋台。
ナシゴレン・屋台

私がナシゴレンを注文するや否や、「さっきドイツ人が、一人で五人分のナシゴレンを買っていったよ!!!一人で食べるらしいよ!!!」と満面の笑みで話し出すおじちゃん。

ものすごい勢いで報告してくれるから、私も思わず「すごいねすごいね」と何度も頷いてみせます。

おじちゃんは私の反応を見て満足気に頷くと、包丁を握って調理をスタート。
ナシゴレン・屋台

雨音に混じって、トントントントン、ネギを切る軽やかな音が響きます。

ああ、いいなあ。気持ちよい音だなあ。

と情緒のある感想を抱けるのも、私の場合は最初の3分だけ。

徐々にこみ上げる退屈な気持ちと寂しい気持ちに、ずぶずぶ沈められかけていると・・・来客が。

おじちゃんはさっきの話を繰り返し、私は見知らぬ人たちとこの驚きを共有し、そしてまた来客が・・・の無限ループ。

ナシゴレン・屋台
そんなこんなで、ナシゴレンはなかなか作り終わりません。

一人でご飯を食べに来たのに、思いがけず賑やかな夕食になりました。

世話焼きおばちゃんのナシチャンプル

自己紹介でも書きましたが、ウダヤナ大学でインドネシア語を勉強しています!

一人暮らしだとインドネシア語を話す機会が少なくて、なんだか物足りないし、これではよろしくない。

せめて街の人の会話を聞いてリスニングの練習をしようと、地元の人で賑わうナシチャンプルのお店に一人で足を運びました。
ナシチャンプル・ワルン

どれにしようかなあ、と悩んでいると後ろからおばちゃんの声が。

「これ、何か知っている?」
ワルン・イブ
おかずの一つを指さし、このドヤ顔で聞いてきました。

首を横に振ると、「○○っていう野菜だよ。」と得意げに正解を披露。

「あ、そうなんだありがとう。○○って言うのね。」

私が答えるとすかさず、「あ!発音が違うよ。もう一回言ってごらん。」とまさかのご指導。

正しく発音できるようになったと思ったら、今度は別のおばちゃんが登場。

私が選ぼうとしているおかずをトレイに戻し、「これは辛いから、あんたにはまだ早いよ。」と食のご指導が始まりました。

初対面だよね?おばちゃんたち、私と初対面だよね?

という疑問を何度も飲み込み、やっとおかずを選び終わって席に着きます。

店内を行き来するおばちゃんたちは目が合う度に、「おいしい?おいしいかい?」と聞きに来て、お会計のときも「おつりはいくらでしょーか?!」っていうクイズを出してきました。

ワルン・キッチンの様子
今では私はこのお店の常連になっているどころか、キッチンもすでに見学済みです。

もはや、孤独な食卓ではない

今日はもうインドネシア語も英語も話すのに疲れたから、部屋に籠ろう!

部屋で一人でご飯を食べよう!

これぞ、真の孤独な食卓!!一人暮らし万歳!!

ということでテイクアウトしたナシチャンプルと共に帰宅すると、アパートの二階のバルコニーがなにやら騒がしい。

見上げると同い年くらいの女の子が四人、こっちに手を振っています。

「一人?ご飯、一人なの?一緒に食べない?食べるよね?食べよう!二階においで!」

今日は孤独な食卓気分だったのに私は単純な人間なので、誘ってもらえたことが嬉しくて、迷わず彼女たちのお部屋にお邪魔しました。

Girls
孤独な食卓はどこへやら。

もはや、一人暮らしですらない

あれ?

孤独な食卓について書きたかったのに、孤独要素がほとんどない!

そうなんです。

よくよく振り返ってみたら、バリではたとえ一人暮らしでも、完全に孤独な食卓がなかなか見当たらないんです。

こうなるともはや、一人暮らしをしているというよりも、バリという大きな大きな家にお邪魔して、大勢の人たちと一緒に住んでいるような気持ちになります。

ほっと心が落ち着く瞬間と、温かな驚きが絶えない、バリ島。

バリ倶楽部では、そんなバリらしさに触れられるツアーをご用意しているので、ぜひご参加ください!
バリ倶楽部のツアー紹介

COMMENT お客様からのメッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

アーカイブ

写真

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

前日5時まで予約OK!お急ぎの方はこちら

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メール・SNSから

  • mail
  • @LINE
  • messenger

写真

前日5時まで
予約受付!

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger

mail magazine

10日おきにお届け!
無料メルマガ購読フォーム

過去のメルマガはこちら

おすすめ

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

バリ倶楽部

ご予約・お問い合わせ

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

ご希望日の前日5時以降は直接お電話下さい。

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メールでのご質問・ご予約はこちら

SNSからもお問い合わせ

  • @LINE
  • messenger

ご希望日の前日5時以降は
直接お電話下さい。

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger