メイン画像

キコ

  •  (4)

【ギリ島シュノーケリング情報】ウミガメの種類と見分け方&見れるポイント

2017年11月8日


ギリ島にいるウミガメは優しい、何故なら遭遇率100%だから・・・ちゃんとガイドをつけてシュノーケリングすれば絶対にウミガメが見れる!!なんなら2ショットも撮れる!!

さて、そのウミガメですが、ギリ3島では場所や深さによって2種類見ることができます。絶滅寸前といわれているタイマイと、日本人にも馴染みのあるアオウミガメ。

パッと見はどっちも同じウミガメなので、今回はタイマイとアオウミガメの見分け方と、次いでウミガメが見れるポイントをご紹介します。

ギリ島でウミガメと泳ぐなら ⇒ ギリ島宿泊シュノーケリング with タートル

タイマイとアオウミガメの見分け方

ギリ島シュノーケリング情報ウミガメポイント↑↑こっちがタイマイ。恐竜っぽい感じでワイルド。

↓↓こっちがアオウミガメ。浦島太郎が跨ってそう。
ギリ島シュノーケリング情報ウミガメポイントなにが違うか分かりますか?僕も最初は見分けがつきませんでした。見分けがつかないよりも、同じポイントに2種類のウミガメがいると考えませんでした。

でも、最初にギリ島でウミガメを見た時に「甲羅が汚いのと、キレイなのがいるなぁ」と感じたんです。

改めて撮ってきた写真を見てみると顔も全然違う。撮影した場所(深さ)も違う。同じポイントではあるけど、それぞれのウミガメに色々と違った特徴を見つけることができました。

甲羅の汚れの違い

ギリ島シュノーケリング情報ウミガメポイント↑↑タイマイは甲羅が汚い。

なんか苔むしているような感じです。甲羅が欠けているのも多く、部分的に白くなっているのもいます。

↓↓アオウミガメは甲羅がキレイ
ギリ島シュノーケリング情報ウミガメポイントみんなツルツルピカピカで、甲羅が欠けているのは見たことがありません。

一般的なウミガメの見分け方では全く紹介されない甲羅の汚れですが、ギリ島周辺に限ってはこの違いが一番分かりやすいと思ってます。(子供のタイマイは甲羅がキレイな場合もあります)

↓↓続いて背中にくっついてるコバンザメを見てください。
ギリ島シュノーケリング情報ウミガメポイントこのコバンザメがアオウミガメの甲羅を掃除してるんじゃないかと・・・タイマイがコバンザメをくっつけてるのは見たことがないので、なにかしら甲羅の汚れと関係があるんだと思います。

甲羅のギザギザの違い

ギリ島シュノーケリング情報ウミガメポイント↑↑タイマイの甲羅は尻尾に近い方がギザギザしている。

↓↓アオウミガメの甲羅はあんまりギザギザしていない。
ギリ島シュノーケリング情報ウミガメポイントこのギザギザの違いは一般的にもよく紹介されている見分け方です。

顔の違い

ギリ島シュノーケリング情報ウミガメポイント↑↑タイマイにはサンゴをかみ砕く強いクチバシがあります。目も大きい。

↓↓アオウミガメにはクチバシがなくスッキリしてます。目も切れ長な感じ。
ギリ島シュノーケリング情報ウミガメポイント濃い顔のタイマイと、薄い顔のアオウミガメ。山田孝之と綾野剛くらいの違いがあると思ってください。

眉間のうろこの違い

ギリ島シュノーケリング情報ウミガメポイント↑↑『ランゲルハンス島の海』さんのブログより。

シュノーケリング中に眉間を観察するのは難しいんですが、撮ってきた写真を見ても見分けがつかない時に判断する方法。

↓↓タイマイは眉間のうろこが4枚。
ギリ島シュノーケリング情報ウミガメポイント

↓↓アオウミガメは眉間のうろこが2枚。
ギリ島シュノーケリング情報ウミガメポイント

さぁここで問題です!!

ギリ島シュノーケリング情報ウミガメポイント↑↑このウミガメはタイマイ?それともアオウミガメ?

回答は↓↓バリ倶楽部のfacebookページのコメント欄へお願いします!!
バリ倶楽部facebookページ

ウミガメが見れるポイント

遭遇率100%はギリ・メノの北部~北東部にかけてのタートルシティーですが、ギリ・トラワンガン北東部からビーチエントリーしても見れるし、ギリ・メノの南西部でも見れます。

因みにタイマイとアオウミガメは、食べ物が違うから食事する場所(見れる場所と水深)も違ってきます。

↓↓タイマイはサンゴをかみ砕いてカイメンを食べる。
ギリ島シュノーケリング情報ウミガメポイント食べ物がいっぱいある水深3m ~ 5mくらいで食事してます。無我夢中で食事してるので2ショットを撮るのも簡単。

↓↓アオウミガメは海草が好物。
ギリ島シュノーケリング情報ウミガメポイントこれはバリ倶楽部の麻美がギリ・トラワンガン北東部で撮影した写真。

僕はタートルシティー以外でアオウミガメを見たことがないので撮影状況は分かりません。ただ、海草があるのは写真のような浅いところです。

アオウミガメを一番見つけやすいのはタートルシティーの水深10m ~ 12mにある寝床です。

その他のシュノーケリングポイント情報 ⇒ ギリ島の海に沈められた恋人たちの石像

ウミガメの見分け方まとめ

ギリ島シュノーケリング情報ウミガメポイントウミガメの写真は見飽きたと思いますが、せっかくなんで最後までウミガメの写真にしました。

「タイマイの甲羅は汚い」と書きましたが、いつも寝床でボケーっとしているアオウミガメより、サンゴをガツガツかみ砕いて食事してるタイマイの方が好きです。必死で飯食ってる姿が素晴らしいです。

さて、今回も長くなりました・・・とにかくギリ島でシュノーケリングするならバリ倶楽部に任せてください!!シュノーケリング大好きな人が案内するので間違いなく楽しいです!!

ギリ島情報のFBページ & instagramをフォローしてもらうだけで励みになります。

ツアーページ ⇒ 『ギリ島宿泊シュノーケリング with タートル』
バリ島からギリトラワンガンへウミガメシュノーケリングツアー

ギリ島の写真だけをUPするinstagramのアカウントも作ったのでフォローお願いします。
↓↓↓instagram↓↓↓
バリ島発ギリトラワンガン宿泊シュノーケリングツアー

では、また~

  • Kyoko Ito

    見分け方、とても参考になりました。
    ここ沖縄の大度ビーチはあかとあおの産卵、孵化が見られますがタイマイは今は上がってきません。
    一度見たいです。
    いつもバリ島には行きたいと思っていますが┅
    あっ噴火はどうですか?
    少し心配で躊躇しています。

書き手

  • サスケ
  • キコ
  • アサミ
  • ヒデ

アーカイブ

写真

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

前日5時まで予約OK!お急ぎの方はこちら

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メール・SNSから

  • mail
  • @LINE
  • messenger

写真

前日5時まで
予約受付!

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger

mail magazine

10日おきにお届け!
無料メルマガ購読フォーム

過去のメルマガはこちら

おすすめ

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

バリ倶楽部

ご予約・お問い合わせ

前日5時まで予約受付!日本人スタッフがスピーディーに対応します。

ご希望日の前日5時以降は直接お電話下さい。

日本から+62 81 1398 8488

バリ島から081 1398 8488

メールでのご質問・ご予約はこちら

SNSからもお問い合わせ

  • @LINE
  • messenger

ご希望日の前日5時以降は
直接お電話下さい。

日本人スタッフが
スピーディーに対応します。

  • メールでのお問い合わせ
  • @LINE
  • messenger